2015年4月アーカイブ

1年ぶりのボート

| コメント(0)

今日、母校の浦和一女のボートの指導に行ってきました。

口で説明してもなかなか伝わらない部分もあるので、最初に講習、その後一緒に乗艇というプログラムにしてみました。

IMG_5897.JPG

何を話しているかは浦和一女だけの企業秘密です(笑)

IMG_5909.JPG

IMG_5912.JPG

ボートを漕いだのは、約1年前の妊娠初期のまだお腹が大きくなっていない時でした。

久しぶりにボートを漕げて、私自身楽しかったです。
まだまだ感覚は健在で一安心(笑)

そして、一緒に乗ったことによって、陸上から見ていただけではわからなかった水中のドライブやフォワードの動きなど個人個人の漕ぎがよりよくわかり、内容の濃い指導ができたと思います。

ボートもシーズンに突入し、これからレースがどんどん始まります。

高校生の彼女たちには、精神的にも肉体的にも充実したボート生活を送ってほしいと思います。

そんな彼女たちの力になれるよう、これからも協力していければなと思います。

ちなみに、航汰も一緒に行きました。

DSC_1055.JPG

日差しが強いので、麦藁帽子かぶってます。
まだ帽子のサイズが大きいので、ゴムをつけてあげたらちょうどいい感じにかぶれました。
パンダの顔がついてるかわいい帽子なのですが、ベビーカーに寝ているのでパンダの顔が見えず残念。

お母さんがボートを漕いでいる間、航汰はいろいろな方々に抱っこしてあやしてもらっていたようです。

市民ボートクラブの戸田レインボウRCの方々が来ていたのですが、その中には戸田中央産院の看護師さんたちもいらっしゃいました。

生まれた直後の航汰を知っているので、すごく大きくなったとかわいがってもらえました。

航汰も長い間お腹すいても我慢していてえらかったです。

アイドル

| コメント(0)

今日、TMG唯一の特別養護老人ホームとだ優和の杜に、航汰を連れて見学に行ってきました。

DSC_1044.JPG

家から散歩で行ける距離にあり、同じグループ施設でありながら一度も中を見学したことがなかったので、この機会に行かせてもらいました。

介護施設関係は産休前にいろいろと勉強はしていましたが、実際の現場を見たことがなく、その頃からぜひ一度実際に見てみたいと思っていました。

航汰は利用者のおじいちゃん、おばあちゃんたちのアイドルでした。

航汰を見るとみんな笑顔でよってきて、かわいいかわいいと盛り上がっていました。

特別養護老人ホームは、リハビリ色の強い介護老人保健施設と違って「生活の場」になるので、利用者の皆さんは人それぞれ好きに過ごしているのんびりとした雰囲気でしたが、行く先々のユニットで、特におばあちゃんが多かったですが、航汰を見てとても嬉しそうな顔をして話しかけてくれました。

中には、会うたびに何度も「抱っこさせて~、おっぱいあげたいわ~」なんて冗談を言っているおばあちゃんがいたり、普段は1人でじっとしていることが多いというおじいちゃんが、航汰を見て笑顔でしゃべっていたのが特に印象的でしたが、とにかく航汰がものすごくたくさんの人を笑顔にしていて、赤ちゃんの力のものすごさを実感しました。

航汰もたくさんの初めて見る人たちに抱っこされたり触られたりしていましたが、ずっといい子にしていて偉かったです。

DSC_1043.JPG

この笑顔は、優和の杜に行く前にお昼を食べに行った行きつけの小料理屋「夢や」さんのママさんに向けた笑顔で、ここまでの笑顔は優和の杜では披露できませんでしたが、あるおばあちゃんが話しかけた時に少しにっこりして、おばあちゃんはとっても喜んでくれていました。

赤ちゃんの笑顔って作り笑いでなく純粋で、笑顔を見せてくれる時は心から笑ってくれているので、見ていると自然と顔がほころんでしまうんですよね。

これからの超高齢化社会、子供の力を大切にしていくべきだと肌で感じました。

そして、私はTMGの職員として介護施設を運営していく立場にあるので、その観点から言えば、現場では本部にいて机上の勉強だけではわからない難しく大変なこともたくさんありますが、その反面、利用者さんたちの笑顔を見て私自身も幸せな気持ちになれて、今日の訪問で現場でしかわからない多くのことを学ぶことができました。

お忙しい中にもかかわらず、施設内を隈なく案内してくださったK子係長さまに大感謝です。

利用者の皆さんにも「また遊びに来てね」と言ってもらったので、また行けたらいいなと思います。

父母どちら似

| コメント(0)

来月の初節句に際し、じいちゃんばあちゃんが兜を贈ってくれました。

早速、航汰を並べて写真を撮ってみました。

DSC_0949.JPG

この“どや顔”具合がたまらないです。

そして、この写真を見ていてふと思いました。

確かに父親似なのかも・・・

今まで、何人かの方には目が私に似ていると言って頂いていますが、ほとんどは父似だと言われます。

私は今までそれに納得がいっていませんでしたが、今回初めて思いました。

特に、この写真の鼻と口が似ている気がします。

DSC_0953切り取り.jpg

肌の色が黒くなってきたし、頭の形や生え際の辺りも父親似だからそう思えるようになったのでしょうか。。。

生まれた時は白かったのに。。。

気になって、父母の赤ちゃんの時の写真と比べてみました。

じい.jpg

赤ちゃん4.JPG

お母さん(=航汰のばあちゃん)、若い。

ということで、結論。

顔の雰囲気と鼻、口は父似、目と眉毛は母似、ということになりました。

ちゃんと両方の遺伝子を受け継いでくれているということで嬉しいです。

昨日体重を量ったら、2ヶ月0週で6,000gを超え、出生時(2,882g)から2倍以上と貫禄が出てきました。

どんな男の子になるのかとても楽しみです。

お花見

| コメント(0)

桜もすっかり葉桜になってしまいましたが、航汰との思い出作りのため、お花見写真撮影会を2回ほど行いました。

1回目は友達とボートコースで。

DSC08078.JPG

DSC08090.JPG

動くようになった子供との写真をセルフタイマーで撮るのは難しいものですね。

今まではボートの上からお花見している人をうらやましく思っていましたが、自分がこちらの立場になるとは。

DSC08080.JPG

ちなみにこの2人は同い年。
6月生まれと2月生まれです。
私も3月生まれなので、同級生とはこんな感じの差があったんでしょうね。

その後、新曽のさくら川沿いで家族写真撮影に望みました。

満開の時は航汰と2人で自撮りで挑戦してみましたがなかなかうまく撮れず。

DSC_0567.JPG

これが限界。

ここの桜はこんなにきれいなんです。

DSC_0534.JPG

ということで、後日、少し葉桜になりつつありますが、記念に家族写真を撮りに行きました。

DSC08115.JPG

DSC08100.JPG

DSC08117.JPG

航汰、お腹がすいていたのか全てギャン泣きです。

でも、航汰が大きくなった時にいい思い出の写真となるでしょう。

初めての笑顔

| コメント(0)

先週、生後50日目にして航汰が初めて笑ってくれました。

以前より眠っている時間が少なくなった分、起きている時に1人でいられる時間も増えましたが、その一方で抱っこしていないとぐずってしまう時間も増え、抱っこしてスクワットしてあやしている時でした。

今までは話しかけても笑いかけても違うところを見て目もなかなか合わせてくれなかったのですが、その時はちゃんと目を合わせて、エヘヘツとかアハツとか声を上げて口を開けて笑ってくれました。

スクワットで脚はだいぶ辛くなっていましたが、その笑顔を見たら有頂天になり、疲れも忘れてこちらも笑顔でスクワットをし続けました。

その後も、調子がいい時と悪い時とありますが、時々笑顔を見せてくれます。

頑張って激写できた微笑。

DSC_0706.JPG

DSC_0704.JPG

1428233496902.jpg

この笑顔が見られて、日々の生活が益々楽しみになったし、子育て頑張ろうと元気をもらえました。

Profile

熊倉美咲
熊倉 美咲 (くまくら みさき)
所属:
一般社団法人TMG本部
生年月日:1983年3月29日
血液型:A型
出身地:埼玉県桶川市
出身校:早稲田大学卒
信念:
諦めたらそこで終わり。
今、その時の自分の最大限の力で頑張り続ければ、きっといつか必ずうまく行く時が来る。