マタニティビクス

| コメント(0)

先週、今週と、戸田中央産院のマタニティビクスに行ってきました。

数年前、新入職員の新人研修の付き添いで近隣施設の見学に行った際、戸田中央産院のマタニティビクスというものも見せてもらい、それ以来、自分も妊婦になったらぜひやってみたいと思っており、これも産休に入ってからやりたいことの1つでした。

妊婦といえば、激しい運動はせず体を大事に、というイメージですが、マタニティビクスは結構激しく動きます。

途中、その場で走ったり跳んだりもします。

目標は、ちょっときついかなと思う程度動くことだそうです。

もちろん、途中でお腹が張ってきたり、しんどいなと思ったら、自分で強度は調整できます。

内容はその時に担当してくださる助産師さんによって若干異なり、先週のビクスは思ったよりきつくないなと思う程度でしたが、今週はスクワットをみっちりやった後に走ったり跳んだりしたので、結構汗をかいてちょっときつい程度までいきました。

でも、自分ではなかなかここまで激しい運動はできないので、とても楽しいと同時にありがたいです。

体重管理と血圧管理のために、最近はひたすら1人でウォーキングばかりしていましたが、それもだんだん飽きてきてしまっているところなので、同じ妊婦さんたちと、出産の時にお世話になるかもしれない助産師さんたちと楽しく運動ができるのはいいです。

ちなみに、今週担当してくれた助産師さんが、このマタニティビクスのインストラクターになるために、泊りがけの合宿で研修を受けたと言っていました。
本格的なんですね。

ところで、37週からは正期産でいつ産まれてもおかしくない状態ということで、マタニティビクスでは37週以上の人には卒業式のようなものをやっているそうです。

今週私は37週目で、37週以降は私しかいませんでしたので、1人で簡単な自己紹介をし、参加者の皆さんに「がんばれー」という思いをこめてお腹を触ってもらいました。

ちょっと恥ずかしいですが、皆さんが笑顔で励ましてくれて、嬉しい気持ちになりました。

ですが、私は来週も参加する気満々だったので、ここで卒業式をされてしまうと来週来づらいなぁと思ったのですが、そこはちゃんと助産師さんが、「でも来週もまだ陣痛来なかったらぜひまた参加してくださいね!」とみんなの前で言ってくれたので、助かりました。笑

今日、38週目の健診でしたが、赤ちゃんは元気でよいのですが、予定日まであと2週間を残してすでに3000g以上あるようで、それなのに全く生まれそうな気配がありません。

まだまだお腹が張ることも少ないし、身軽で小走りもできてしまいます。

ということで、子宮に刺激を与えるためにも普段から強度の高いウォーキングをしたり、家でスクワットをしたりしてくださいと指導されました。

また、体重管理も厳しく、健診前は体重調整でびくびくしており、まるで軽量級のレース前の気分です。

でもそれも全て赤ちゃんが元気に産まれてくるため。

引き続きトレーニングと体重管理というアスリート生活を頑張りたいと思います。

コメントする

Profile

熊倉美咲
熊倉 美咲 (くまくら みさき)
所属:
一般社団法人TMG本部
生年月日:1983年3月29日
血液型:A型
出身地:埼玉県桶川市
出身校:早稲田大学卒
信念:
諦めたらそこで終わり。
今、その時の自分の最大限の力で頑張り続ければ、きっといつか必ずうまく行く時が来る。