戸田市の水彩画教室

| コメント(0)

  先週から毎週日曜日、全3回の戸田市主催の水彩画教室に通っています。

小学生の頃は毎年写生会があり、時には賞をいただいたりしたこともありました。

また、中学生の時は芸術部に所属して絵を描いていたし、高校でも美術を選択して油絵を描いたりしていました。

そんなこともあり、手軽にできる水彩画は産休に入ってからやりたいことの1つでした。

12月半ばに産休に入ってから戸田市の広報を読んでいて、この水彩画教室を見つけました。

すぐ申し込んだのですが、その時点ではすでに定員いっぱいだとのことで申し込みは受理されず、諦めていたのですが、先週の直前になってキャンセルが出たのでどうですかと連絡を頂き、特に他の予定は入れていなかったので参加することにしました。

私は最近になって知ったのですが、一口に水彩画といっても、2種類あるそうです。

透明水彩と不透明水彩です。

簡単に言うと、小学生の頃から使っていて今まで水彩画だと思っていたものは不透明水彩(ガッシュ)というもので、色もはっきりしているし、上から何度も重ね塗りができ、初心者でも扱いやすいもののようです。
油絵と同じような感覚で描ける気がします。

もう1つの透明水彩というものは、水分を多く使って滲みを利用したり、白い部分は白の絵の具を塗るのではなく紙の白さを利用するようにしたりと、味わい深いものではありますが難しくて大人向けの水彩画のようです。

今回の水彩画教室は透明水彩です。

私は今まで描いてきたような風景画を描きたかったので、若干残念ではありますが、自分1人では恐らく透明水彩に手をつけることはなかったと思いますので、良い機会です。

しかも画材付で全3回で1500円。格安です。

戸田市主催の教室というだけあって、講師の方は一般市民から募集したボランティアさんに近い感じの方ですが、構図の取り方や色の塗り方、塗る順番などを1人1人回って教えてくれます。

初めてやる透明水彩は実感としてとても難しいですが、先生に手伝って頂きながらも何とか描きあげることができました。

1回目の先週は花とみかん。

DSC_0012.JPG

2回目の今週は、りんごとバナナです。

DSC_0013(3).JPG

写真で撮ると益々色が薄いですね。

私の好みはもっとはっきりとした色で写実的に描く絵で、りんごももっと濃い赤を使って描きたかったのですが、私は水を含ませすぎなのか、あまり濃い色が出せません。
難しいです。

でもこれはこれできれいな色な気もします。

バナナはなかなか美味しそうです。

今週は丸いものを描いたので、来週は四角いもので、本にしましょうかと先生が言っていました。

現在37週でもう正期産に入っており、先週1回だけ軽い前駆陣痛らしきものもあり、もういつ産まれても大丈夫な状態ですが、まだ産まれない限り来週も参加して、もう少し上達して終わりにできればなと思います。

コメントする

Profile

熊倉美咲
熊倉 美咲 (くまくら みさき)
所属:
一般社団法人TMG本部
生年月日:1983年3月29日
血液型:A型
出身地:埼玉県桶川市
出身校:早稲田大学卒
信念:
諦めたらそこで終わり。
今、その時の自分の最大限の力で頑張り続ければ、きっといつか必ずうまく行く時が来る。