河口湖インターハイ

| コメント(0)

 先週末、金曜の午後から日曜日まで、河口湖で行われていたインターハイで、母校の浦和一女のコーチとして帯同してきました。

インターハイに行ったのは、自分が最後に出て以来なので、14年ぶりです。
雰囲気がとても懐かしかったです。

土曜日は、風も波もなく快晴で、とてもきれいな青空に緑の山が映えました。

 

IMG_5205.JPG

河口湖のレースでは、午後は荒れる可能性が高いので、朝早くからレースをする傾向があります。
私も高校時代に2回河口湖でレースをしましたが、朝7時にはレースが終わっていた時もありました。

今回も一女は毎日8時12分のレースだったので、早朝4時に起き、4時半から体を動かしました。
日の出の頃の富士山はとても美しかったです。
4時半の出発の頃はまだ暗くて、山肌に一直線にライトがチカチカしており、登山道が見えました。

IMG_5214.JPG

予選は全体タイム2位、準々決勝も全体タイム3位と、十分優勝を狙える位置にいました。

それだけに、彼女たちにのしかかってくるプレッシャーも最終日が近づくにつれて大きくなっていったことと思います。

最終日前夜のミーティングにて、最終日は準決勝、決勝と2レースあるので、できる限り余力を残して3位いないに入って決勝へ進めよう、と言う話をしました。
準決勝の後半で、3位以内に十分入れると判断したら、そこからはラストスパートや足けりを入れず、いい感じでのびのびとコンスタントを続ける、ということです。

社会人になってからの私にとってはこれはごく普通のことで、むしろ年をとってくるとできるだけ楽に上がりたいと思うことがほとんどでした。

しかし、高校生の時を考えてみれば、いつもレースは全力でした。
その彼女たちにいつもと違うレースをしろということは、かなりの不安とプレッシャーを与えてしまったのかもしれません。

でも、次の日のレース前には、希望を感じさせる笑顔を見せてくれました。
試練を乗り越えた、いい笑顔でした。

とにかく今まで通りやれば絶対に大丈夫。ここまでやってきた自分たちの力を信じて。
あとは全国トップレベルのレースを楽しんでほしい。

最後はもうこれしか言うことはありませんでした。

準決勝は作戦通り、しっかりと余裕を残して3位以内に入りました。

決勝は、もう今までの3年間を全て出し切るだけです。
とにかく思いっきりレースをするだけです。

でも、他のどのクルーも同じ気持ちでのぞんできます。

結果は5位。

非常に悔しいものでした。

悔し涙を流しながら艇庫に入っていく彼女たちの背中を見ていたら、「勝たせてあげたかった」という悔しい気持ちと涙があふれてきました。

でも、これ以上どうすればよかったのか、私にも分かりません。

彼女たちも悔しい結果ではありましたが、力は全て出し切れたようです。

IMG_5234.JPG

最終日前夜に、スタート前にスタートからゴールまでのレースのイメージと、1位でゴールしてガッツポーズをし、岸に上がって応援してくれていた仲間たちと感動を共有する、そこまで想像すると、これからやるレースがとっても楽しみでわくわくしてくるはず、と言う話をしました。
そして、それを実現させることがサポートしてくれた人たちへの最高の恩返しだと。

でも、喜びは悔しさになってしまいましたが、やはり一生懸命に勝つために頑張っている姿を見るのは、それだけで応援している人たちを感動させます。
彼女たちに大きな感動をもらいました。
本当に感謝でいっぱいです。

そして、今回一番すごいなぁと思ったことは、浦和一女ボート部の総合力です。

マネージャーやサポートメンバーは本当にしっかりしていて、コーチや先生はマネージャーが作ってくれたタイムスケジュール通りに動くだけだから楽だと顧問の先生と話していました。

そして、いつも熱い気持ちで頑張っている一女生たちを見守っている顧問の先生方やコーチ。

朝早くから部員総出で応援に来てくれた後輩部員たちや引退した3年生の部員たち。

レースの時はいつも応援に来て、ビデオや写真をたくさん撮ってくださる保護者の皆さま。

これは、全国どこにも負けないチームだと思いました。

IMG_5198.JPG

大きなパラソルを差して、常に選手たちを疲れさせないように気を配っていたマネージャーとサポートの子たち。

IMG_5222.JPG

部員総出で「一女ファイトー」の大声援。

IMG_5204.JPG

選手たちもこんなにたくさんの人たちに支えられ、とても心強かったことと思います。

私も短い間でしたが、このチームに関わることができて幸せでした。

これから、3年生の数名は国体に向けて、1、2年生は秋の新人戦に向けてまた頑張っていくことになります。

私もOG会会長として、引き続きサポートしていきたいと思います。

いつの日か、私たちの代のインターハイ2位という記録をきっと上回ってくれる日が来ると信じてます!

IMG_5239修正.jpg

コメントする

Profile

熊倉美咲
熊倉 美咲 (くまくら みさき)
所属:
一般社団法人TMG本部
生年月日:1983年3月29日
血液型:A型
出身地:埼玉県桶川市
出身校:早稲田大学卒
信念:
諦めたらそこで終わり。
今、その時の自分の最大限の力で頑張り続ければ、きっといつか必ずうまく行く時が来る。