3.11

| コメント(0)
あの地獄の日から、もう丸3年がたったんですね。
幸いなことに、あの時の私の周りは建物が倒れることもなく、計画停電に該当することもなく、普通に生活させてもらっていました。
その中で、テレビやネットで被災地の様子を見ていました。
真っ黒な津波が田畑や家や車やいろいろなものをものすごい勢いで飲み込んで行く映像や気仙沼の火事の映像を見たときは、本当に現実のものであってほしくないと思いました。
すぐ近くまで津波が押し寄せて来ているのに気付かず自動車に乗り込もうとしている人の映像は、そのあとに起きているであろうことを想像したら本当に辛いし悲しいし、浜で見つかった遺体の数がどんどんどんどん増えていくのを見て、そのたびに心の底から暗い気持ちになった。
でも、テレビで放送されているのは現実のほんの一部で、実際の現場は想像を絶するものだったと、実際に行った人から聞きました。
被災された方々の恐怖や寒さ、大切な人を亡くされた気持ちや大切な家やものを無くされた気持ちは、私には想像することしか出来ませんが、私には決してわかり得ない深い悲しみや苦しみがあったに違いありません。
実際に現場に行って何か力になりたいという気持ちはありましたが、実際に何をしたらよいのか、どうしたらよいのかわからず、結局募金くらいしか出来ませんでした。
ただただ、己の無力さを切に感じていました。

あれから3年。
被災された方々が、たくましく前に向かって進んでいるのを見て勇気をもらった一方で、まだまだ自分の家に一度も戻れていない方がたくさんいたり、行方不明の方もまだたくさんいるという報道を聞いて、本当に悲しく思いました。
決して決して、風化させてはいけない現実です。
今年こそは、ボートを通じて実際に何か出来たらいいなと思っています。

コメントする

Profile

熊倉美咲
熊倉 美咲 (くまくら みさき)
所属:
一般社団法人TMG本部
生年月日:1983年3月29日
血液型:A型
出身地:埼玉県桶川市
出身校:早稲田大学卒
信念:
諦めたらそこで終わり。
今、その時の自分の最大限の力で頑張り続ければ、きっといつか必ずうまく行く時が来る。