嬉しかったこと

| コメント(0)
今日、職場ですごく嬉しかったことがありました。

今日の夕方は、毎月1回の業務部の定期勉強会でした。
といっても、今回が第1回目です。
去年までも何度か課長たちにより定期勉強会は試みられましたが、いつも3回くらいで立ち消えになっていました。
なので、今年は私が講師になって、あらかじめ年間スケジュールをちゃんと決めて、責任を持って強行することにしました。

この勉強会のテーマは、TMGを知らない人に「TMGってどんなところなの?」と聞かれた時に、簡単に分かりやすく「こんなところだよ」と誰でも答えられるようになってもらいたい、というものです。
というのは、私も毎年医事の認定試験の勉強をしていくうちに、あの病院は
こういう特徴があったのか!といったような発見が今回やっといろいろあって、私自身やっと各施設の特徴がわかってきたからです。
それに試験の勉強だけでなく、日々の業務で施設基準や統計資料を扱っていくうちに、やっと1つ1つの意味がわかり始めてきたのもあって、それらが今回うまく融合して、理解に繋がったのだと思います。

そして私は、勉強して得た知識や体験から学んだことなどを、多くの人に伝えたいという強い性格の一面があるようで、せっかくだから業務部だけでなく、他部署の人でも自由に参加できるような勉強会にしたいと各部署の長に提案をしました。
私は、現場あっての本部である本部職員は、病院のこともある程度知っておくべきだと思いますが、今の本部の若手職員のほとんどは病院で働いた経験がありません。
その面からも、病院の外来で働いた経験がある私が みんなに伝えるのも、ある意味使命なのではないかと思うのです。

そこで、課長に事前に何人くらい参加予定か探りを入れてもらうようお願いをしておきました。
すると、今朝課長から、どうやら他部署の人たちはみんな業務があったりして参加できないみたいで、結局業務部の3人しか参加しないかもしれないと言われました。

私は多くの人が参加してくれることを期待してしまっていただけに、やっぱりちょっと落胆してしまいました。
自分の感覚で人にあまり期待しない方がいいというのはわかってはいるのですが、興奮している時は無意識に期待してしまうものでした。

でも、参加してくれる業務部の子たちのためにも一生懸命頑張ろうと思い、最後まで焦りながらもスライドの資料作りに励みました。
それに、講師をやるための準備で実は自分自身にとってすごく勉強になっていました。

そしていざ夕方になった時、他部署の人が私のところに来て、同じ時間にアクト(若手職員のグラブ活動みたいなもの)があってみんな業務部の勉強会に出られなかったけど、アクトを中止にしてみんなで勉強会に出ることにした、と言ってくれました。
私はすごく嬉しかったです。
参加者3人のつもりが急遽15人くらいになってちょっと緊張したけれど、みんなメモを取りながら一生懸命聞いてくれて、質問してくれた人がいたり、すごくわかりやすかったと言ってくれた人がいたり、難しくて途中でついていけなくなったと言ってくれた人がいたり、こういうことが知りたいと内容を提案してくれた人もいたりと、様々なフィードバックを受けることも出来ました。

やりきって、すごく満ち足りた気分になりました。
たくさんの人に聴いてもらえて、本当に嬉しかったです。
ちなみに今日のテーマは、急性期病院の病床種別や施設基準、と、TPPの医療への影響といったテーマでした。
来月の勉強会もしっかり準備して、いい講義ができるように頑張りたいと思います。

そして家に帰ってからのご飯。
昨日から夫はまた泊まり込みで来週いっぱいまで合宿なので、一人淋しいご飯です。
でも、今日は母が昼間にわざわざ戸田まで筍を煮て作った筍ご飯の具と青椒牛肉を持って来てくれました。
写真は筍ご飯だけです。
青椒牛肉はご飯を炊いている間に我慢できなくて先に全部食べてしまいました。

ところでいつも思いますが、母は肉が嫌いなのに肉料理をちゃんと作って本当にえらいなーと思います。
私なんか、ちくわやウインナーなんて触ったり臭いがするだけでも嫌です。
私も子供ができたら変われるのかな…

ちなみに母は、肉が嫌いなのを、長年私に肉アレルギーだからと嘘ついて誤魔化してた来ました。
私も練り製品を料理する際には、子供には同じ手を使うしかないですね。

コメントする

Profile

熊倉美咲
熊倉 美咲 (くまくら みさき)
所属:
一般社団法人TMG本部
生年月日:1983年3月29日
血液型:A型
出身地:埼玉県桶川市
出身校:早稲田大学卒
信念:
諦めたらそこで終わり。
今、その時の自分の最大限の力で頑張り続ければ、きっといつか必ずうまく行く時が来る。