嵐山研修

| コメント(0)

京都の嵐山ではありません。

埼玉県のらんざん町です。

先週の21日(木)から昨日まで約1週間、らんざんにこもりっきりでした。
なぜなら、TMG新入職員の研修が行われ、私は初めてスタッフとして参加していたからです。

1泊2日の研修が3回に分けて行われました。
内容は、主に社会人として、TMG職員としてのマナーです。
医師以外の全ての職種の新入職員が参加し、1回5組に分かれて職種ごちゃまぜで行います。
そこに、各組1人の講師とスタッフが付き、私はそのスタッフでした。

自分が受けたのは7年前。
もうどんな場所だったかすっかり忘れてしまっていましたが、行ったらなんとなく記憶がよみがえってきました。
今は1泊2日でマナーだけですが、当時は2泊3日で医事の研修も一緒に行っていました。
なので、夜遅くまで同室の子と一生懸命医事の勉強をした思い出があります。

夢先生や講演活動などで人前で話すのは慣れていると思っていたのですが、いざクラスで教壇の前に立ってみるとすごく緊張してしまい、言うべきことはしっかりと確認していったのにもかかわらず、気の利いたひとことはもちろん事務連絡でさえ抜かしてしまったりしました。

それでも1日目を終えて流れがなんとなくわかると次第に心も落ち着いて、2回目からはだいぶ心が楽になって楽しむ余裕すら出てきました。
やっぱり何事も経験ですね。

私はクラスの他に、夜間のレクリエーションの運営も担当しました。三塚さんと一緒に。

1回目のレクリエーションで三塚さんの司会を見て流れをつかみ、2回目は私も司会を担当しました。

こんな体育館で行います。

今回写真を撮っている余裕が全くなく、自ら撮影したのはこの1枚のみです。

レクはクラス対抗でトンネルレース。
みんなを集めてこういうのを教えるのはほとんど夢先生と同じです。
スポーツに関しては小学生も大人もさほど変わりません。

私の担当した組は、1回目と2回目は2位、3回目の組は4位でした。
ビリは掃除の罰ゲーム付き。
なんとかビリは免れました。

みんなで大声出して一生懸命頑張るのはとても楽しいです。
大変盛り上がりました。

マナーの講義では、講師は人事部の教育担当の方の他に、外部講師で元キャビンアテンダントの方々がいました。
講義を聴講していて、いろいろ感じました。
患者対応のロールプレイングでは、なかなか新入職員から敬語がうまく出てこなくて、普段私たちが仕事で普通に使っている敬語や患者さん対応は、いつの間にか経験から身に着いたものだったんだなぁと気づきました。
また、今の自分を振り返って、改めて勉強になることもたくさんありました。

講義の内容とは別に、講師の視点からも学ぶことがたくさんありました。
最後に担当した組の講師の方は元キャビンアテンダントの方で、積極的に手を挙げさせる投げかけ方や、自己主張することの大切さ、反応を示すことの大切さなどを心にしみじみと感じてわかる言い方をなさっていて、感心することばかりでした。

2日間の講義の最後には、みんな自分の目標を発表しました。
それぞれの立場でそれぞれの場所で、4月1から働き始めます。
自分の時を振り返ってみると、全てが初めてのところに飛び込んでいくわけで、大きな不安と楽しみと両方が入り混じっていたように思います。
きっとみんなも同じ気持ちでしょう。

最初は挨拶もマナーもなっていなかった新入職員が、研修を通してどんどん成長していく姿を見ることができて、4月からが楽しみだなと思いました。

6日間とても大変でしたが、この研修に携わることができてよかったです。

コメントする

Profile

熊倉美咲
熊倉 美咲 (くまくら みさき)
所属:
一般社団法人TMG本部
生年月日:1983年3月29日
血液型:A型
出身地:埼玉県桶川市
出身校:早稲田大学卒
信念:
諦めたらそこで終わり。
今、その時の自分の最大限の力で頑張り続ければ、きっといつか必ずうまく行く時が来る。