2013年3月アーカイブ

30歳

| コメント(0)

昨日は30歳の誕生日でした。
たくさんの方々からお祝いのメッセージと、お花やケーキ等いただきました。
こんなにたくさんの方に祝っていただき、本当に幸せものだなーと思いました。

今日明日と夫がレースなので、昨日はおとなしく家でお好み焼きパーティーをしました。
お花に囲まれていい感じです。

30代になったからといって何か急に変わるわけではありませんが、なんとなくずーんときている感じがします。

自分の中では昔から30代からがおばちゃんという線引きがあったからだと思います。

生まれてから30年がたったのかぁ。

めったにメールしない父から昨日メールが来て、30年前、生まれたお前を見て、大事に守らなければと思ったと言ってくれました。

小さい頃からずっと何不自由なく幸せに育ててくれた両親のことを思うと感情があふれて危険なので、今は振り返りません。
結婚式までとっておきます。

この30年、たくさんの人に支えてもらい、影響を受けてここまで来ました。
皆さんに感謝です。

これからも自分らしく、人間的に成長していきたいと思います。

 

ところで、誕生日前日の28日、仕事がお休みだったので、母とランチに行ってきました。
先日もディナーで連れて行ってもらったラ・サントゥールさんのランチに一度母を連れて行きたいのですが、いつ、何度電話しても予約がいっぱいでランチの予約が取れません。
なので、もうあきらめて、違うカジュアルフレンチのお店を探すことにしました。

そうしてネットで埼玉で調べてみたところ、見つかったのが浦和にあるアミーさん。

シェフとウェイター男性2人でやっており、サントゥールさん同様小さめなお店なので、ランチでも予約必須です。
私たちの前に並んでいた親子連れさんは、予約がなかったためにお断りされていました。

今回は誕生日のお祝いということで母がご馳走してくれるというので、一番いいフルコースをいただきました。

お料理はお野菜中心で、なかなかボリュームがあります。
お野菜の自然の甘みが感じられておいしかったです。

これは前菜。
この前にもう1品アミューズという前々菜みたいのがあったのですが、写真忘れました。

続いてお魚料理。

スズキのポワレ?確か。
皮がパリパリで身はふっくらとやわらかくておいしかったです。

そしてお肉料理。

お肉は鴨肉。
お肉は小さかったけれど、とってもやわらかくて、その分お野菜が多いのでおなかいっぱいになったし、おいしかったです。

最初に母がぽろっとお誕生日のお祝いだとウェイターさんに言っていたので、ウェイターさんが気を利かせてデザートにろうそくと花火を立ててきてくれました。

完全に休日な私。
今度はぜひお父さんもご一緒に~とウェイターさんが言っていました。

何はともあれ、あっという間に40代、にならないように、一日一日を大切に生きて生きたいと思います。

嵐山研修

| コメント(0)

京都の嵐山ではありません。

埼玉県のらんざん町です。

先週の21日(木)から昨日まで約1週間、らんざんにこもりっきりでした。
なぜなら、TMG新入職員の研修が行われ、私は初めてスタッフとして参加していたからです。

1泊2日の研修が3回に分けて行われました。
内容は、主に社会人として、TMG職員としてのマナーです。
医師以外の全ての職種の新入職員が参加し、1回5組に分かれて職種ごちゃまぜで行います。
そこに、各組1人の講師とスタッフが付き、私はそのスタッフでした。

自分が受けたのは7年前。
もうどんな場所だったかすっかり忘れてしまっていましたが、行ったらなんとなく記憶がよみがえってきました。
今は1泊2日でマナーだけですが、当時は2泊3日で医事の研修も一緒に行っていました。
なので、夜遅くまで同室の子と一生懸命医事の勉強をした思い出があります。

夢先生や講演活動などで人前で話すのは慣れていると思っていたのですが、いざクラスで教壇の前に立ってみるとすごく緊張してしまい、言うべきことはしっかりと確認していったのにもかかわらず、気の利いたひとことはもちろん事務連絡でさえ抜かしてしまったりしました。

それでも1日目を終えて流れがなんとなくわかると次第に心も落ち着いて、2回目からはだいぶ心が楽になって楽しむ余裕すら出てきました。
やっぱり何事も経験ですね。

私はクラスの他に、夜間のレクリエーションの運営も担当しました。三塚さんと一緒に。

1回目のレクリエーションで三塚さんの司会を見て流れをつかみ、2回目は私も司会を担当しました。

こんな体育館で行います。

今回写真を撮っている余裕が全くなく、自ら撮影したのはこの1枚のみです。

レクはクラス対抗でトンネルレース。
みんなを集めてこういうのを教えるのはほとんど夢先生と同じです。
スポーツに関しては小学生も大人もさほど変わりません。

私の担当した組は、1回目と2回目は2位、3回目の組は4位でした。
ビリは掃除の罰ゲーム付き。
なんとかビリは免れました。

みんなで大声出して一生懸命頑張るのはとても楽しいです。
大変盛り上がりました。

マナーの講義では、講師は人事部の教育担当の方の他に、外部講師で元キャビンアテンダントの方々がいました。
講義を聴講していて、いろいろ感じました。
患者対応のロールプレイングでは、なかなか新入職員から敬語がうまく出てこなくて、普段私たちが仕事で普通に使っている敬語や患者さん対応は、いつの間にか経験から身に着いたものだったんだなぁと気づきました。
また、今の自分を振り返って、改めて勉強になることもたくさんありました。

講義の内容とは別に、講師の視点からも学ぶことがたくさんありました。
最後に担当した組の講師の方は元キャビンアテンダントの方で、積極的に手を挙げさせる投げかけ方や、自己主張することの大切さ、反応を示すことの大切さなどを心にしみじみと感じてわかる言い方をなさっていて、感心することばかりでした。

2日間の講義の最後には、みんな自分の目標を発表しました。
それぞれの立場でそれぞれの場所で、4月1から働き始めます。
自分の時を振り返ってみると、全てが初めてのところに飛び込んでいくわけで、大きな不安と楽しみと両方が入り混じっていたように思います。
きっとみんなも同じ気持ちでしょう。

最初は挨拶もマナーもなっていなかった新入職員が、研修を通してどんどん成長していく姿を見ることができて、4月からが楽しみだなと思いました。

6日間とても大変でしたが、この研修に携わることができてよかったです。

大阪・奈良・京都の旅

| コメント(0)

昨日おとといの週末を使って、早稲田ボート部の大好きな後輩と一緒に、大阪・奈良・京都の旅に行ってきました。

金曜日、ラ・サントゥールさんでの会を大変申し訳ないことに早退させていただき、その足で新宿から夜行バスで大阪へ向かいました。

大阪に着いたのは朝7時前。
大阪城が8時から開館とのことなので、その時間に合わせて大阪城へ向かいました。

今回の旅の目的は、USJと、大河ドラマ「八重の桜」と「江」のゆかりの地めぐりです。

なので、最初は豊臣秀吉の大阪城を目指しました。

大阪城は小学生か中学生のときに水泳のイトマンの全国大会で大阪に来た時に一度母と来ましたが、その時は夜になってしまい、中には入れませんでした。
あの時も大阪城がこれくらいの大きさのところから、ライトアップされている大阪城をバックに写真を撮りましたが、現像された写真はただの真っ暗な写真でした。

さて、大阪城はなんといっても大阪の陣。
江で一番深く心に残っている場面です。
豊臣秀頼さんと淀殿と千姫と徳川秀忠さん。
この方々に思いを馳せるべくいざ入城。

すると、まぁなんということでしょう。
中は完全に21世紀です。
下から上まで全てコンクリートでエレベーターつき。
完全博物館化。
犬山城の中のあの手すりをつかまってしか上るのも降りるのもできないような急すぎる階段など、当時の武士たちの活動に思いを馳せられることを期待して行った分、相当ながっかり感でした。
まぁそういうものなんかと気持ちを切り替え、しっかりと博物館を楽しんできました。

大阪夏の陣図屏風。

この左上に描かれている黒い大阪城。
これを拡大するとー

あ~ダメですね~わかりづらい(*.*)

下から2番目の大きい1つの三角の両脇の窓から、女の方たちが外の様子を覗いているんです。
左に2人、右に3人くらいいますよね。オカメみたいな女性の顔が。
全体の屏風絵で見るとすごく細かい部分なんです。
これを描くのにいったいどれだけの時間と労力を費やしたことか。。。

外に出たら豊臣秀吉さんと真田幸村さんがいらっしゃったので、一緒に撮影していただきました。

また、なぜかダースベイダーさんもいました。

今後は、現存12天守を中心に城廻をしたいと思います。
城のしおりという冊子も買いました。

続いてUSJへ。
私は初です。
12時頃つきました。

なんかこの日は、ちょうど前日からSMAPとコラボして普通は前向きのジェットコースターが期間限定で後ろ向きになるというのが始まったばかりで、めちゃめちゃ込んでいました。
この後ろ向きのはなんと400分待ち。
初めて見ました400分。

他のもすごく込んでるし、アトラクションがめっちゃ少ない上に3Dとか使った私が気持ち悪くなる系のアトラクションもあるし、食べ物はUSJ価格でディズニーよりさらに高いし、もうしばらくは行かなくていいかもしれません。
でも2つだけ乗れたアトラクションは2つとも面白かったです。

 

その日の夜は奈良の温泉つきホテルでのんびり。
若い女性の従業員さんが奈良時代の女官の格好をしていてとてもかわいかったです。

 

さて次の朝、早々に東大寺へ。
私は昨年のゴールデンウィークにも1人で行きましたが、彩子が奈良は初めてということなので、定番の東大寺と鹿を案内することにしました。

朝早かったので鹿さんたちはおなかがすいていたらしいです。
めちゃめちゃがっつかれました。

せんべいない時はこんな感じでみんな穏やかないい表情してるんですけどね。
いざせんべいを買えばこんなもんですよ。

私は小さい鹿にあげたいのに、横から大きいのが奪い取る。
全くこうはなりたくないものです。

東大寺の敷地内にある二月堂からの帰り道が素敵でした。

さぁ、こっからが私のメイン。
いざ京都へ。
マイナーな渋いコースです。

京都駅からはひたすら歩いて回りました。

最初に三十三間堂の近くにある豊国神社と方広寺へ。

豊臣秀吉公は没後、豊国大明神として祀られたが、豊臣家滅亡後は徳川氏によって完全に破却され、庶民の参拝もままならず、むなしく草むらに埋もれて跡形もなくなっていた・・・
その後、明治時代に旧方広寺大仏殿跡地に復興されたのが、現在の豊国神社だそうです。

大河ドラマの最後に毎回1つだけそのゆかりの地を紹介するのですが、江の時にこれをテレビで見ていたのを覚えています。

でも、それ以上に大興奮したのが、隣にある方広寺の鐘。
大阪冬の陣の引き金となった方広寺鐘名事件の鐘。

豊臣家の繁栄を願い、家康の名を二分した、と家康がいちゃもんをつけた鐘。
こんなにたくさんの漢字の中からこれを見つけた当時の人がすごい。

この印がつけられているのをテレビで見てから一度じかに見てみたいと切に思っていたので、大興奮でした。
なんかこういうのを見ると、今でも私たちが使っている漢字と全く同じ文字で、あぁなんか歴史上でしか知らない豊臣家の人たちも自分と同じ日本人なんだなぁ、という深い感動をしみじみ感じます。

さて、そこから祇園に向かってテクテクテクテク歩くこと、どのくらいかなぁ。
若干迷って遠回りしたので1時間近く歩いたかもしれません。
目的は都路里の高台寺店。
目的は都路里のパフェですが、偶然ここも秀吉の正室ねねさんのゆかりの地。

歩いていく途中、建仁寺や

八坂神社なども通りましたが、

写真撮影のみで、パフェ目指してまっしぐら。
それもそのはず、この時点でもう2時近かったと思います。

記憶を頼りにやっとこさ都路里に到着。

やっと特選パフェにありつけました。

特に抹茶ゼリーが濃厚で大好きです。

おなかが満たされれば不思議と俄然元気が出てくる私たち。

祇園の小道では、祇園らしく舞妓さんの格好をした観光客に遭遇。
おなかが苦しいと言いながら歩いていました。

次は、1つくらいメジャーな観光地に行かねばと思い、私もまだ行ったことがなかった平安神宮へ。

向かって歩いていると、知恩院に遭遇。

通りからも、遠くに日本一大きいという山門がちろっと見えました。

徒歩で移動しているといろいろなものに偶然遭遇して面白いです。

さて、平安神宮到着。

実はここもまた偶然、八重の桜に出ている孝明天皇のゆかりの地。

回遊式庭園の中にはなぜか日本最古の電車があったり・・・

飛石をおじいちゃんおばあちゃんの団体さんが果敢に渡っていたり・・・

梅がきれいだったり・・・

なかなかいいとこでした。
天気が曇り空だったのが残念。

そして最後は、方広寺と並ぶメインの金戒光明寺。
京都守護職本陣。
八重の桜で会津藩が本陣を置いたところです。

拝観は16時までとのことで、このときすでに15時55分。
とりあえずいけるところまで行こうということで中へ。

すると、なんとまぁとっても嬉しい誤算。
こんな看板が!

わくわくしながら矢印のほうに行ってみると、ありました!

テレビで見た供養塔。
真ん中に大きく「江」と彫ってあります。
いや~まさかここにあったとは。
方広寺の鐘並みにテンションあがりました。

そして、会津墓地参道の矢印に従って歩いていくと、

ありました。

松平容保公と会津藩士たちに思いを馳せました。

墓地の近くに、とても重厚で歴史を感じる三重塔がありました。

伊丹重好という人が、徳川秀忠を追悼するために建てられたそうです。
秀忠は江の旦那さん。
やっぱりなにかつながりがあるんですね。

さて、長かった旅もようやく終わり。

ここから三条まで歩いて、帰りは電車と新幹線で帰ってきました。

携帯で見たら、この日の歩数は約32,000歩。
距離にして約21km。

いやーハーフマラソンの距離を歩いてしまいました。

ふくらはぎがパンパンになりましたが、ものすごく充実した旅になりました。

旅行記はかなり長文な上に、特に歴史ものはかなりマニアックになってしまいます。

歴史に興味のない方には失礼いたしました。

結婚のお祝い会

| コメント(0)
今日は、いつも伴チャリしてボートを応援してくださった事務長さんがたが、結婚のお祝い会をしてくださいました。
南浦和のカジュアルフレンチのラ・サントゥールさん。
特にランチはいつ電話しても予約がとれない人気のお店です。
事務長さんは先日のボート体験会で実際に漕いでくださったし、女の子たちもボート乗ったことあったりエルゴやったことあったり、それに元ソフト部や陸上部だったりするので、ボートの体の使い方とかマニアックな話もすることができてとっても楽しかったです♪
それに、医療人らしく、iPS細胞についても語ったりして、大変勉強にもなりました。
TMGの病院でも実際どんな患者さんが入院しているのかとかまだまだ知らないことばかりで、やっぱりいろんな病院に見学に行って、実際に現場の様子を知らなければダメだなぁと思いました。
それにしても、お料理は本当に美味しかったです♪
本当にありがとうございました("⌒∇⌒")

予餞会

| コメント(0)

先週の土曜日、リーガロイヤル東京で早稲田大学漕艇部の予餞会がありました。

早稲田のイベントは何かと言えばこのリーガロイヤルでやります。
早稲田大学のキャンパスのすぐ裏にあるので。

リーガロイヤルに来たのは、2008年オリンピック前に記者会見&壮行会をやっていただいて以来。

さらに予餞会に出るのは、2006年に自分たちが送り出されて以来。

なかなか出席できなくて申し訳ないです。

やっぱり高田馬場から25分くらい歩いてきてこの辺りに来ると、自分の青春時代がよみがえってきて、とても懐かしい感じになります。

通り沿いにある図書館にこもってレポート仕上げたりしてました。

さてさて予餞会。

 

私たちの時は、男子5人に女子1人。
なかなかさみしいものでした。
こんなに同期の女子がいるのは羨ましいです。

みんなそれぞれに熱い思いを抱えて社会へ巣立っていきます。

ただ残念だったのが、立食形式だったので主役がほとんどクローズアップされず、OBOGたちの集会のようになってしまっていたこと。

私たちの時は着座でした。

着座でテーブル1つに学生とOBやOGが混在して、じっくりと思い出を話し合う。

絶対この形式の方がいいと思います。

主役の子たちまで立ちっぱなしで、むしろ気を使ってお酒なんかをついだりして、かわいそうな気がしました。

かく言う私自身もOBの方々に挨拶に行って、そのままOBの方々と話し続けてしまい、もっと学生たちをねぎらってあげるべきだったと反省しております。

そんな中で、主将の吉原君の挨拶は堂々としていて立派でした。

吉原君と言えば、レース中にシングルスカル決勝でゴール間近でアクシデントがあり、沈してしまった、でもそのあと自力でまた艇に乗り、最後まで漕ぎ切った、というレースが大変印象に残っています。
確かこのブログでも書いたはず。

シングルスカルに落ちたところからまた艇をひっくり返して乗り込むというのはとっても難しいです。
私はたぶんできません。
レースの最後でものすごく疲れている中で、何度も何度も失敗してもあきらめずに乗り込もうとしている彼の姿は、あの場で見ていた誰もが心を打たれたことと思います。

実業団のボート部がある企業に就職とのことなので、たぶんボート続けるのかな?

今後の活躍を楽しみに見守っていきたいと思います。

 

あともう一つびっくりしたのが、エールを送ってくださる応援団のリーダーが女性であったこと。

木暮美季さんと言って、「創部71年の歴史を誇る早稲田大学応援部が、東京六大学に初めて誕生させた女性リーダー」だそうです。

男の人みたいなガラガラ声で、とってもかっこよかったです。

 

私が学生時代から応援してくださっているOBOGの方々はまだ私のことを覚えてくださっていて、たくさんの方から声をかけていただきました。

久しぶりに早稲田に顔を出すと、やっぱり早稲田っていいなぁっていつも思うんですよね。

こういう時にこそ特に、自分たちがボートに打ち込んでこられたのはこうしたたくさんの方々の支えのもとにあったのだということを実感させられます。

現役学生たちにもそのことはきちんとわかっていてもらいたいし、私自身ももっと支えていかなければいけないなぁと思いました。

お雛様弁当

| コメント(0)

昨日は3月3日で雛祭りの日だったので、こんなかわいいお弁当を作ってみました。

携帯のカメラで撮る時、お雛様の顔を笑顔認識していました。

右のは、生ハムを切って巻いて作ったバラが載っています。

葉っぱはきゅうりです。

お雛様とお内裏様は、薄焼き卵とスモークサーモンで着物を作りました。

でんぶのほっぺでかなりかわいくなりました。

主人はいつも食堂で先輩方とご飯を食べているそうなので、今日はどんな反応があるのか楽しみにしていたのですが、聞いてみると、先輩たちからは大した反応はなかったそうです。

やっぱり男性はあまりこういうの興味ないのかな・・・(;_;)

サンマルク

| コメント(0)

昨日は夕方6時頃まで仕事だったので、そのあとご飯作ると遅くなってしまうので、サンマルクにご飯を食べに行くことにしました。

サンマルクとは、実家のほうにもあって何度も行ったことがあるのですが、カジュアルなコース料理の焼き立てパンが食べ放題のお店です。
思い出して突然行きたくなりました。
サンマルクが蕨にもあることは知っていたので。

ぐるなびで見てみたら「バースデーコース」というのがあってクーポンもあることがわかり、じゃあせっかくだから、今月末に私も主人も30歳の誕生日を迎えるし、ってことで、バースデースペシャルコースをお願いすることにしました。

こちらはメインのお料理。

小皿に乗っているのがパンたちです。
食べ放題のパンはあれくらいすべて小粒なので、たくさんの種類をたくさん食べられます。
昨日出てきたのでも10種類くらいはあったと思います。
店内はめちゃ込みで、予約していないと待つような状態でしたが、パンはどんどん店員さんが配りに来てくれました。
しかも、全部熱々でもちもち。
出てきたパンはとりあえず全種制覇しました。
普通の胃の大きさの方は、おそらく全種類食べていたらメインが入らなくなってしまうと思います。

店内にはグランドピアノが置いてあり、ピアニストさんが生演奏してくれます。
しかも、お誕生日の人にはリクエストを聞いて回ってくれます。
私もリクエストさせていただきました。

リクエスト以外にもいろいろな曲を弾いてくれていて、とても楽しい時間をすごすことができました。

お誕生日コースの人には、お誕生日用のデザートがつきます。

最初は1つのデザートにしかろうそくがなかったのですが、2人とも誕生日といったら店員さんが一度戻ってもうひとつにもろうそくを立ててくれました。

私たち、誕生日2日違いなんです。
私が2日お姉さん。
見た目は完全にお兄さんと妹ですけどね~

うちでご飯もいいですが、たまにはレストラン予約していくのもなんだかウキウキしていいもんですね。

パン食べたい~!て思った時は、サンマルクに予約していくのがお勧めです。

Profile

熊倉美咲
熊倉 美咲 (くまくら みさき)
所属:
一般社団法人TMG本部
生年月日:1983年3月29日
血液型:A型
出身地:埼玉県桶川市
出身校:早稲田大学卒
信念:
諦めたらそこで終わり。
今、その時の自分の最大限の力で頑張り続ければ、きっといつか必ずうまく行く時が来る。