初札幌出張

| コメント(0)

先週の金曜日の午後から昨日まで、日本ボート協会指導者育成委員の仕事で札幌に行ってきました。

ここで公認指導者養成講習会が行われ、私はその事務局でした。
日ボの委員として初の1人立ち。
かなりテンパりましたが、みなさんのあたたかい助けを借りて、なんとか最後まで職務を全うすることができました。

ここが会場となった茨戸の漕艇場。
この日はまだ温かい方らしいですが、とても寒かったです。
流れも結構速いように見えましたが、これでも穏やかな方らしいです。
周りに高いものは何もなく、北海道の広大さを感じさせます。

でも会場とはいえ、講習会は全部室内。
ボートを漕ぐ講習はありません。

最期の講義はフィットネスの実技。
私もこの講義は聴講させていただきました。
自分では感覚的につかんでいることも、人に言葉で伝えるのはなかなかうまくできません。
それを、見事にわかりやすくその感覚の構造を言葉にしてくれているような講習で、あぁそういうことだったのか!という気づきがたくさんある面白い授業でした。

今回本当に初めてで何も分からず来た私を優しくサポートしてくださったのは、北海道ボート協会のみなさま。
講習中は外で待っているのですが、いろいろと楽しいお話を聞かせてくださり、とても楽しく過ごせました。
ありがとうございました。

そして今回は初北海道ということで、もう一つ楽しみがありました。
それは、夜のお食事会です。

異動した金曜日の夜は、ある方との8年ぶりの再会でした。
それは、私が大学3年生の時U23の世界選手権に遠征に行った時、団長だった小原先生。
当時のコーチから、小原先生がよく私たちの話をしてくださり、札幌に来た際にはおいしいお寿司をご馳走してあげるからと言っている、という話をずっと聞いていたので、この機会に絶対にお会いしなきゃと思っており、見事スケジュールも合致してお会いすることができました。

小原先生、全然変わっていませんでした。
お互い、あれがもう8年も前であることにとても驚いてしまいました。

連れて行っていただいたのは、すすきののお寿司屋さん豊寿司。
小原先生曰く、お前ひとり(財力的に)じゃ一生食えないぞ、くらいの敷居の高いお寿司屋さん。

お通しの海水に浸かったウニと高級な日本酒。
今まで日本酒は匂いだけでもダメだったので、私は飲めませんといったのですが、本当にいい日本酒は飲めるから飲めと言われ飲んでみたところ、本当に飲めました。
美味しいとまでは申し訳ないけど正直言えませんが、この大き目なおちょこの3分の2くらいまではちゃんと飲めました。

そしてお寿司・・・

車海老。頭も食べられます。めっちゃ美味しいです。
身の弾力は半端ありません。
それもそのはず、ついさっきまで生きてたんです。
出てきたこの時も、頭の一部がぴくぴく動いていました。

大きくて分厚いシャコ。
こんなおっきいの初めて見ました。
おかわりもしちゃいました。

大きなアワビと活きホッキガイ。

とろける大トロと漬け。
スジ全くなし。

おっと気が付いたらグルメブログになっていました。

こんなもの、また札幌に行って小原先生にお会いしない限り二度と口にはできないでしょう。
おなか一杯いただきました。

そして2日目の夜は、北大と小樽商科大の女子ボート選手たちのお食事会に呼ばれ、女子会をしました。
受講生の中に北大の方と小樽商科大の監督さんがいらっしゃった関係で実現しました。

女の子たちはみんなとても純粋で、私にいろんな質問をしてくれ、私の話を一生懸命真剣に聞いてくれました。
中にはつらい悩みを打ち明けてくれた子もいました。
私も同じ辛さを味わってきたので、彼女たちの気持ちがよくわかり、もっともっといろんな話を聞いてあげて、いろんな話をしてあげたいと思いました。

オリンピック選手でも、私たちと同じような悩みも持つものなんですね、ということを言われたのが心に残りました。
本当にその通りだと思います。

オリンピック選手だって、最初はただの普通の一人のボート選手だったわけですから。
だからこそ逆に、みんながオリンピック選手になれる可能性を持っているとも言えます。
特にボートは努力がすべての競技です。
夢は人それぞれなので、ボートやっているからといってオリンピックに出ることを夢にする必要はありませんが、もしオリンピックに出たいという夢を持っている若い選手がいたら、とにかくあきらめずにできる限り努力してほしいと思いました。それしか夢を叶える道はありません。

そんなことを感じたとても楽しい有意義な時間でした。

↑北大と小樽商大の子たちと。

↓この会をセッティングしてくださった北大の木村さんと小樽商大の谷津さん。
ありがとうございました!

あ、そうでした。
彼女たちは毎朝3時半に起きて、自転車30分漕いで茨戸漕艇場まで行き練習しているそうです。
毎朝3時半て。
ボート馬鹿にも上には上がいるもんだと思いました。
彼女たち、本当にえらいです。

そして最後は北海道ボート協会理事長の東さんに自動車で空港まで送っていただきました。
道中、「北海道がでっかいどうである由縁」をとくとお話しいただきました。

なんでも、北海道内には空港が13個もあり、道内線が飛んでいるそうです。
北海道の外周は3,300kmあり、自動車で1日500km走っても1周するのに1週間かかります。
北海道の面積は、東北6県と新潟を合わせた面積と同じくらいだそうです。
岩手、福島は、北海道に次いで2位、3位の面積を誇ります。
また、新潟、秋田は5位、6位。
青森、山形が8位、9位。
宮城も14位。
北海道半端なくでっかいどうです。
北海道大会をやるだけでも場所によっては泊まりで遠征してこなければならない。
埼玉では考えられない大変さです。

そんなたくさんの新しい方々との出会いがあり、素晴らしい充実した初北海道1人立ち出張でした。

最期の〆は、新千歳空港で食べた「豚丼名人」という何のひねりもない店名の豚1.5倍豚丼温玉のせ。

豚肉、3重くらい重なってました。
タレめっちゃまいう。

コメントする

Profile

熊倉美咲
熊倉 美咲 (くまくら みさき)
所属:
一般社団法人TMG本部
生年月日:1983年3月29日
血液型:A型
出身地:埼玉県桶川市
出身校:早稲田大学卒
信念:
諦めたらそこで終わり。
今、その時の自分の最大限の力で頑張り続ければ、きっといつか必ずうまく行く時が来る。