オリンピック選手を見て

| コメント(3)

昨日Facebookに載せた文章をそのままここにも載せます。

部活に一生懸命取り組んでる中でいろいろと壁にぶつかることもあると思いますが、そんな少年少女にぜひオリンピックを見てほしいです。

 

4年前の自分の送ったメールや人からもらったメールや、mixiに書いてた文章をふと思い立って読み返してみた。
その中の1通。

・私はラフコンに異常に弱く、毎日毎日怒られてばかりで足手まといになって申し訳ない、という気持ちでいっぱいになり、それがハードメニュー中だったりするとパニックのようになる。でもそれをちょっとパートナーやコーチにいうことができ、お互いの思っていることをちょっと分かり合って歩み寄ることができた。
 
・自分は精神的に打たれ弱く、他の代表選手みたいに「負けたくない!」という気持ちがあまり強くない。こんな自分はオリンピック選手なんてなっちゃいけないんじゃないだろうか。 
 
 
 
・今の私には、このストレスに耐えることだけでいっぱいいっぱいで、充実感なんてものを感じられる余裕がない。でも、今は低迷してるけど、今底辺にいるならきっとこの後いつか上がるときが来るはず。そうなれば気持ちもすっと軽くなって上がってくれると思うので、その時まで今は我慢して、とにかく今できることを最大限やっていこうと思う。

こんなことばかり書いてました。
涙が出そうになりました。

オリンピックに出るような選手は、私と同じ苦悩じゃなくても何らかのものすごい苦悩に必死に耐えて、今、ロンドンの舞台に立っている。
だからこそ、メダルを獲得して輝いている選手を見ると、それまでの苦労を思いやって涙が出てくるし、結果を出せなかった選手を見ても、それまでの苦労を思いやって涙が出てくる。

今、ボートをやっている人たちの中で悩んでいる人もいるかもしれない。
でも、その苦悩を必死に耐えて乗り越えて努力し続けた先には、きっと自分なりの輝かしい舞台が待っている。
オリンピック選手はかっこいい。
そのかっこよさは、尋常でない努力の賜物だからかっこいい。
そういうことを、オリンピックは教えてくれるように思います。

コメント(3)

あたしも、今色々と悩んでます
だけど、今年のオリンピックみてやっぱり思いました

努力したら、必ず何かが返ってくる

あたしはあたしなりに、練習がんばって、努力して、
いつか、オリンピックっていう大きな舞台で世界のいろんな人と
レースしてみたいです

いつも応援してくれてる人たちのために、
その人たちの笑顔をみるために、そしてがんばってる後輩たちの
お手本、あこがれに少しでもなれるように

今月25,26日に高校に入って初のレースがあります
シングルになるかどうかはまだわからないけど、
決勝に残って、応援してくれてる人たち、後輩たちのために頑張ろうと思います

縷瑠ちゃん、いつもすっごく一生懸命で感心しました。「オリンピックっていう大きな舞台で世界のいろんな人とレースしてみたい」って思うことがオリンピック選手への第1歩。あとはその想いが強いかどうか。私はこれからもずっと縷瑠ちゃんのことを応援するよ!


熊倉さん、ありがとうございます!
「想い」は誰にも負けません\(^o^)/
今月の初レース、がんばってきます!
またいつか会えたときは、もっといっぱいしゃべりたいです♪

コメントする

Profile

熊倉美咲
熊倉 美咲 (くまくら みさき)
所属:
一般社団法人TMG本部
生年月日:1983年3月29日
血液型:A型
出身地:埼玉県桶川市
出身校:早稲田大学卒
信念:
諦めたらそこで終わり。
今、その時の自分の最大限の力で頑張り続ければ、きっといつか必ずうまく行く時が来る。