泳いできました

| コメント(0)

前回書いた上級コーチの講習会でトライアスロンの方の講義を聞き、水泳の話を聞いていた時に、突然水泳ダイエットを思いついた私。
ランニングは脚に余計に筋肉が付いてしまうんじゃないかという不安があったので、水泳なら全身運動だし水の中だからそんなに筋肉は付かないんじゃないか、脂肪も筋肉も落とせるんじゃないか、という安易な発想です。なんの根拠もありません。私の勝手な想像です。

思い立ったが吉日。
 
おととい、ジェクサー・フィットネスクラブ戸田公園のプール会員に登録(←今ジェクサー、福袋キャンペーンとかで、ものすごいお得に会員登録できますょ)。
 
昨日、水着、ゴーグル、キャップの泳ぐ3点セットを買い揃える。
 
そして今日、ついに実践。
 
泳ぐの、実に6年ぶりです。
大学4年の時に1年間授業をとっていた以来です。
ものすごく久しぶりに泳げるとあって、今日はお昼頃からずっとなんとなくウキウキしていたのですが…
 
そこはやはり6年ぶり。
普通に泳げるけど体が重い。
クロールで軽く50m泳いだだけでもちょっと息が上がってしまう。
 
まぁ焦らない焦らないと言い聞かせ、最初にウォームアップで2~300mくらい泳いでみたが、そこで気づいたこと。
 
私、腕ばっかり使っている。
 
こんなんじゃ、ますます上半身に筋肉が付いてしまう!とすばやく危険を察知し、ビート板を使ってしばらくキックをすることに。
 
しかし、バタ足が全然進んでいる気がしない。
試しにドルフィンキックで同じ25mのタイムを計ってみたところ、バタ足よりも速い。
やっぱり私はバタフライの選手だったんだなぁと改めて実感。
 
ま、ビート板があれば息は辛くならないので、しばらくバタ足とドルフィンキックを交互に泳ぎ続ける。
 
そうしてからクロールでもう一度で泳いでみたところ…
 
さっきより軽い!!
 
やっぱり最初は脚が使えていなかったんですね。
 
で、またしばらく泳いで疲れてきたら、ビート板持ってキック。
 
その後に、プルブイといって太ももの間に挟むもの(素材はビート板と同じで浮く)を使って、上半身だけでしばらく泳ぐ。
上半身だけでも50mのタイムが脚を使う場合と5秒くらいしか違わない。
やっぱり私は上半身が強いから、上半身ばっかり使っちゃう泳ぎになっちゃうんでしょうね。
まぁ、専門種目がバタフライ(←上半身が主)だったんだから仕方ないね。
 
そうした後にまたビート板使って腕を休め、最後にもう一度全身を使ってクロールで。
この頃はもう、50mを1分サークルで10本くらいは余裕で泳げるようになっていました。
 
でも、現役スイマーだった中学3年生の頃は、50mを20~30本を45秒~50秒サークルでダイエットメニューをやっていた。
そのうちそのレベルまでいけるくらいまでがんばるぞー。
 
でも、あくまで筋肉は付かないように注意。あくまで脂肪を落とし、筋肉をつけないことが目標です。
というのも、ちゃんと理由があるんです。
 
Facebookにはもう書いたけど…
 
登録した日、身体組成を測るインボディという優れた機械で全身を測定したところ、BMIがすごく高く、でも体脂肪率は平均よりちょっと下、あなたの体質は筋肉質です。って言われたんです。
除脂肪体重だけで52キロもあったんです。
52キロって、私の身長から言ったら理想的な女子体重でしょう。
はぁ。普通の女子になれる日は遠そうです。
 
ま、しかし、時間にして70分くらい、距離にして3km弱はほとんど休まずに泳ぎ続けました。
3km弱のだいたいの内訳は、ビート板キック約1km、プルブイで上半身500m、スイム(クロール)で約1.3kmくらい。
6年ぶりの初日としては、まぁ十分でしょう。
 
ところで、今日早速うちのソフト部の子に3人会いました。
聞くところによると、週に4回はジェクサーに行くことが義務付けられているとか。
これはきっと、私が行く時は毎回誰かしらには会いそうですね~
でもそれが楽しみだったりもします♪
 
さーがんばるぞー

コメントする

Profile

熊倉美咲
熊倉 美咲 (くまくら みさき)
所属:
一般社団法人TMG本部
生年月日:1983年3月29日
血液型:A型
出身地:埼玉県桶川市
出身校:早稲田大学卒
信念:
諦めたらそこで終わり。
今、その時の自分の最大限の力で頑張り続ければ、きっといつか必ずうまく行く時が来る。