鎌倉の旅

| コメント(0)

もう1週間も経ってしまいましたが・・・

先週の土曜日、鎌倉に日帰り旅行に行ってきました。

主目的は、13時から光明寺で行われるすごい方たちの対談を観ること(←あとで話します)ですが、せっかくなので朝早く行って観光もしてきました。

この日はあいにく朝からひどい雨と風で、着いたらまずマックに入ってしまいました。。。

それでも意を決して観光に繰り出すことに。

小町通り。

ここを鶴岡八幡宮に向かってぷらぷらしていたところ、人力車のお兄さんに止められ、まんまと口車に乗せられて人力車に乗ることに。(←初体験)

この頃には雨もほとんど止み。
この日はめっちゃ寒かったですけど、膝の前に毛布とカバーをたくさん掛けてくれたおかげでめっちゃ温かかったです。
あと、床暖房だとお兄さんには言われましたが実際はカイロがたくさん敷き詰めてあるものでしたが、でもそれも想像以上にとってもあったかかったです。

終点だけ鶴岡八幡宮ということでお願いして、あとはお任せの一番安い10分程度コースでしたが、こんな良い雰囲気のところに連れて行ってくれました。

このお兄さんは、聞いたところ私たちの1つ下だそうで。
私の隣の彼女(滝島先生)は彼の人となりにかなりの興味を持ったようで、風景そっちのけで彼の将来ビジョンとかどうしてこの職業についたのかとか、かなり個人的な事ばかり質問していました。
お兄さんも最後の方には「勘弁してくれ」といった感じに私からは見えました。

そんなこんなで終着点。鶴岡八幡宮。

この頃にはちょうど雨も上がって、そのうち晴れ間も。

一部だけ、紅葉がとっても綺色鮮やかで綺麗でした。

こんな階段を上って・・・

八幡宮。

帰りに鳥居のところで、こんな素敵な風景に出会いました。どなたかわかりませんが。。。

小町通りに戻ってお昼ご飯散策。

こんな素敵な玄関のお店、入らないわけにいかないでしょう。

温かい鴨南蛮いただきました。

さてさて、やっとこさ光明寺。

の前に。

光明寺バス停の目の前はなんと海。

この寒いのに、みなさんサーフィンやらヨットやら、ようやりますわ~

さてさて今度こそ光明寺。

こんな立派な門をくぐって本堂へ。

本堂の中はこんなキンキラキン。
珍しいですよね~こんなとこでトークライブなんて。
貴重な体験です。

さてさて、どなたのトークライブかと言うと。

一人はここでも前にご紹介したことのある、登山家の栗城史多さん。
もう一人は、ダイバーの篠宮龍三さん。

このお二人、「登山家」とか「ダイバー」とかで表せないくらいの超人たちです。

まず栗城さん。

7500mから先はデスゾーンと呼ばれ、酸素濃度が地上の3分の1になる。人間が生きていられるような場所じゃない。
そんなところで彼は、酸素を持たず、たった1人でエベレスト登頂を目指して進んで行く。

一方の篠宮さん。

酸素ボンベを持たず、素潜りで水深115mの記録を持つ。
初めてその潜っていく映像を見ましたが、青い海の中を人魚のように真っすぐ下に、体をうねりながら潜っていく。
とても幻想的というか、美しい映像でしたが、とてもそんな悠長な事を言っていられるものじゃない。
水深100mでは、水圧で肺が握りこぶし大くらいに縮まってしまうらしい。
普通のプールで距離100mを潜水するだけでも息が苦しくてまずできないのに、それにさらに水圧がかかってくる中で、100m以上を往復。。。

まぁ、栗城さんは身体能力は平均成人男性以下だとよく言っていますが、篠宮さんはなんと肺活量が10リットルあるらしい。この時点でとりあえず篠宮さんは人間ではないですね。すごすぎる。。。

私がお二人とも共通してとにかくすごいなと思うところは、もう苦しさの限界、というところにたとえ達したとしても、その苦しさから逃げることができない、ということ。

栗城さんは、低酸素や寒さなどでどんなに死にそうになっても、結局は自分がそこから下山しなければ楽にはなれない。

篠宮さんも、息の限界に達したとしても、地上まで上がらなければその苦しさから解放されることはできない。

ボートだったら、苦しさの限界に達したら漕ぎ止めてしまえば物理的には苦しさから解放される。心の方は別として。ただ、ボートではお二人のような本当の限界に達することなんてできないと思うけど。

対談中は撮影禁止だったので、終わってから記念撮影。

お二人ともイケメンなんすよ~

終わった後は、サイン&握手会。
私もサイン&握手のために本を購入。長い列を並びました。

私はボート人生の中で、彼にたくさんの勇気をもらいました。
彼の頑張っている世界に比べたら、私の苦しみなんてほんのちっぽけなものじゃないか、と。
それに同い年だし。

ということもあって、なんとか彼に自分の存在をアピールしたいと思って、緊張しつつも握手の時に、私はオリンピックに出ていて辛い時にたくさんの勇気をもらいました、と言ってみました。
そしたらちょっと驚いて、へ~オリンピック出てるんスか~と言って2回握手してくれたのです。

が、失敗しました。
同い年、ということを言いそびれました。
同い年って、それだけでなんか親近感わいちゃうものなんですよね~
そうしてより深く彼の記憶に残りたいと思ったのに、大きな失敗をしました。後悔。

続いて篠宮さん。

この方は、事前にホームページとかでちらっと見た感じではロン毛さんだったので、なんかチャラそうな人なのかな~と勝手にイメージ作っていましたが、とんでもない!!
とっても爽やかで優しい感じの大人の男性という感じでした~

同じ埼玉県出身(確か大宮の方だったかな?)ということで、滝島さんと3人でちょっと地元トークできました。
写真も快諾してくださいました~

お二人の本は、まだ読めていませんが、間違いなくそれぞれから感銘を受けることがたくさんあると思います。
読んで感銘を受けたら、またご紹介したいと思います。

 

ところで、本日は皆既月食の日。

先ほど家から撮影してみました。
デジカメでもズームでだいぶいけました☆

22時半頃

 

23時20分頃

また宇宙に想いを馳せてしまいそうです。

コメントする

Profile

熊倉美咲
熊倉 美咲 (くまくら みさき)
所属:
一般社団法人TMG本部
生年月日:1983年3月29日
血液型:A型
出身地:埼玉県桶川市
出身校:早稲田大学卒
信念:
諦めたらそこで終わり。
今、その時の自分の最大限の力で頑張り続ければ、きっといつか必ずうまく行く時が来る。