幸せ

| コメント(0)

もうだいぶ前ですが、とだわらび青年介護所の第1例会で、(株)アビリティトレーニングの代表取締役の木下晴弘先生の講演があり、私も聞かせてもらいました。

木下先生は元大手進学塾の講師で絶大な支持を受けていた方で、「即感動」というテーマで講演していただきました。

その中で私が特に感動したことは、幸せになる人とはどういう人か、という話でした。

要は、感謝やお金や信頼を得られる人は、「他人を喜ばせた人」なんです。
感謝やお金や信頼を得られない人は、「自分が喜びたい人」なんです。

他人の喜びを我が喜びとできるかどうか。

その人を喜ばせたいと思ったら、その人のできないことをする→そのためには技術がなければできない→勉強(努力)
つまり、幸せを得る人で勉強家でない人はいない、ということで、教育の目的そのものが変わって、子供たちに勉強することの喜びを与えたそうです。

人を喜ばせる=人の問題を解決、人の欲求を解決

人生の法則「人に与えたものは必ず自分に返ってくる」

人を喜ばせれば、感謝や信頼が返ってくる
戦争を仕掛ければ、テロが返ってくる

会社からもらうことばかり考えるのではなく、会社に何を提供できるかを考えれば必ず返ってくる

与えることを生きグセにできる人が幸せになれる。見返りをねらって与えると、返ってこなかった時にストレスがたまる。→幸せになれない

人に多くを与えられる人=自己承認ができている人
自分は生まれてきただけで祝福された存在なんだ、と心から思えるかどうか。

「be(自分の存在理由)→do(叶えるために何をする)→have(それを手に入れる)の法則」

人はたいてい、成果を褒める。
・・・テストで100点とって偉いね~
・・・お手伝いできて偉いね~

手に入れること、結果を出すことだけが愛を手に入れる方法だと育てられた子は、haveを手に入れるためにどんなことでもしてしまう。
結果を出せなかったら愛してもらえない・・・と不安だから、非行に走る。

生まれてきてくれただけでありがとう。あなたは周りを幸せにできる力をもっている。
と、存在そのものを認めてあげることが、どんどん幸せを生んでいく。

テストで悪い成績で返ってきてありがとう→まだ伸びる余地がある。素晴らしいこと!!→勉強し始める

失敗したことのある人は、人の痛みがわかる人。
苦しかったこと、失敗したことは、その人の魅力になる。

失敗を恐れて何もしなかったら、何もできない、何も得られない。
「課題に対し、挑戦し続ける勇気」

まだこれは講義の一部ですが、こんな感じ。

私はこの講義を聞いて、どうして自分が幸せなボート人生を送ってくることができたのかがわかった!と、目から鱗でした。

私のボートの原動力は、応援してくれる人たちに喜んでもらいたい!という気持ちでした。
だから、特にレース本番になると逆に冷静になって、「勝つためには何を意識すればよいか」を考え、集中力が増して、パワーがみなぎってくる感じを覚えていました。

また、私の周りには、レース結果だけではなく、普段の厳しい環境で毎日練習を頑張っている姿とか、そういった私自身を褒めてくださる方がたくさんいました。

それに、今以上になるためにはいろいろなことに挑戦して、とにかく一度自分の中に取り込んでみるべきだ、と思って、素直にいろいろなことを吸収するようにしてきました。

こうして無意識にやってきていたことが、結果的にたくさんの人に応援していただいて、有終の美で終わることができた、幸せなボート人生につながっていたのだとわかりました。

 

木下先生とは当日にお名刺を交換させていただいたのですが、後日なんとそのことに対するお礼の言葉と、一期一会の精神が書かれた直筆のお手紙を頂きました。
また、この講演の後に私が興奮してかなーり長文のメールを送ってしまったのですが、それに対してもきちんとお返事をくださいました。
かなりご多忙の中でも、こうして一期一会の精神を実践していらっしゃるのがとても心に沁みました。

私もご縁を大切に、これからも幸せな人生を送っていきたいなと思いました。

 

最後に余談ですが、今日は記念すべき、このブログ開設2周年記念日です。
2009年のポッキーの日に始めました。
このブログの第1回の記事に、ちょうどこの時期、職場で夕方にソフト部の子たちと制服で「ポッキーの日」とか言いながら写メを撮って載せたのを良く覚えています。

あれから早2年。

応援して下さる皆様のおかげで、こうしてここまでクマブロ続けてくることができました。

今後ともよろしくお願いいたします。

コメントする

Profile

熊倉美咲
熊倉 美咲 (くまくら みさき)
所属:
一般社団法人TMG本部
生年月日:1983年3月29日
血液型:A型
出身地:埼玉県桶川市
出身校:早稲田大学卒
信念:
諦めたらそこで終わり。
今、その時の自分の最大限の力で頑張り続ければ、きっといつか必ずうまく行く時が来る。