2011年5月アーカイブ

グルメ特集

| コメント(0)

今日のメニュー
朝:UT

 

しばらく封印していたグルメ特集を行いたいと思います。

というのも、先週の土曜日に、我が大尊敬するN村さんと明治安田にいる後輩と一緒に、前にもご紹介した戸田にある美味しいイタリアンのオオサキさんに行きまして、またしてもとっても美味しいお料理にであったからです。

本日のスープのコーンスープと、向こうに見えるのはチーズの盛り合わせ。
このコーンスープが、私が今まで食したコーンスープの中でも飛び抜けて一番おいしかったです。
何杯でもいけそうです。めっちゃ濃厚です。
以前ご紹介したパンプキンスープもとっても美味しかったのですが、それに負けず劣らずです。
また飲みたいです。

イベリコ豚のなんちゃら。
このソースがとっても美味しかったです。お肉も柔らかかったし。
奥に見えるのはおなじみピザのクワトロフォルマッジョ?
とにかくチーズたっぷりで、ゴルゴンゾーラと蜂蜜が絶妙です。

 

そしてついでなので、今まで撮りためたお写真を一挙大公開。

コメダの新メニュー、味噌カツサンド。
改めてこの大きさにびっくり。
減量中はずっと我慢していたので、念願叶ってです。
ミソカツも大好きなので、とっても美味しかったです。

代々木上原にあるウエストパークカフェというところのロティサリーチキン。
これは、思い入れがありまして。
2008年ギリシャで合宿中、ちょくちょくご飯でこの皮パリパリのチキンの丸焼きが1人1羽でたのですが、私は常に体重の負い目があったため、満足にそのチキンを食べることができなかったのです。
そんなのをこの減量中に思い出し、ロティサリーチキンが食べたい!!って思って調べてみたところ、代々木上原にあったので、先日行ってきました。
とっても美味しかったです。大満足です。
あとこのお店は他のお料理もとっても美味しかったです。

大量のコブサラダ。
ゴルゴンゾーラがちょっとしたアクセントになっていて、本当においしかった。。。

このお店、閑静な住宅街でオープンテラスで、とても良い雰囲気でしたよ。

 

あと最後におまけ。

この右です。ふらのメロンゼリー。
この大きさにつられてついつい買ってしまいましたが、触感も味もかなり本物のメロンに近かったです。
私はそう思います。

 

以上、グルメレポートでした。

長谷部誠さん

| コメント(0)

かなーり前に副局長さまからお借りしていた長谷部誠さんの「心を整える。~勝利をたぐり寄せるための56の習慣~」を、大変長い間かけて今日やっと読み終えました。

隣の席の子は「2時間で読めちゃいましたよ~」とか言っていましたが、私にはとてもそんな短時間で読み飛ばすようなことができる本ではありませんでした。

一つ一つの文章を咀嚼して、自分の経験や自分自身と照らし合わせたりして、そんな風に読んでいたらものすごーく時間がかかってしまいました。

 

この本を読んでいて学ぶことはとても多かったし、自分が思っていることや経験したことと同じことも書いてあったし、すごいなぁと尊敬できることも書いてありました。

長谷部さんはさすがプロ選手で、とてもO型とは思えないほど細かくきっちりとしている部分もあるし、プロ選手として厳しく自分を律したり自己抑制したりしていて、自分も本当はそうしないといけないんだよなぁ・・・と最初の方は思って、だんだん意識を高める方向に心は進んでいたのですが、後半くらいから、自分にはこんな厳しい生活はやっぱりムリだなぁ。。。と、自分のダメさやゆるさ、甘さを痛感するようになってきて、だんだん読むのが正直少しつらくなってきていました。

 

だけど、最後の方に来て、まさに自分の心を代弁してくれているようなことが2つ、でてきました。

 

まず1つ目。

(45)楽な方に流されると、誰かが傷つく。より。

『今でも楽な方に流されそうになることがあるし、実際流されてしまうこともあるけれど、そんなときは両親、恩師など、いろいろな人の顔を思い浮かべる。みんなの存在が弱い心にブレーキをかけてくれる。』

自分の意志が弱くて楽な方に流されてしまうことで、自分を支えてくれている人たちを傷つけてしまう、ということです。

自分が一番辛かった時のことを言えば、オリンピックの前の冬から春にかけてくらいの、その年の日本代表を決める選考合宿をしていた頃の話です。
今だから言いますが、あの頃は合宿の毎日毎日が身体的にも精神的にも本当に辛くて、正直、自分は代表から落ちてしまえばいい、と思っていました。
事故とかに遭って、日本代表の道から脱線できないかなぁ、、、なんて思ったりもしてました。
たぶん、軽く鬱っぽかったんでしょうね。

4月のアジア予選でオリンピック出場が決定するまでは、たぶん自ら「脱退します」とも言えたはず。
でも自分はそれができなかった。
それは、常に両親や職場の皆さんやボート部のみんなや友達や、ここまでいつも元気づけてくれて応援してきてくれたたくさんの人たちの顔が、すぐそこにあったから。
自分がここでもしオリンピックに出場しない、なんていったら、どれだけたくさんの人が、どんなにがっかりすることか。
私は、自分が夢だったオリンピックに出場することが決まった時に、そんな支えてきてくれた皆さんの喜ぶ顔が何よりも見たかった。
その気持ちが、折れてしまいそうだった自分の弱い心にブレーキをかけてくれたんです。
そうしてオリンピック出場が決まり、自分の中でも腹をくくることができたのです。

長谷部さんのこのフレーズを読んだ時、あの時のことをありありと思い出しました。

 

そして2つ目。ちょっと1つ目に通ずるところがありますが。。。

(56)笑顔の連鎖を巻き起こす。より。

『僕がサッカーをするのは、~中略~「人が喜んでいる顔を見たい」ということもある。』

ワールドカップで、『僕自身は選手として結果には満足できていないけれど、日本国中が元気になって、喜んでくれたのは肌で感じられた。日本を元気にしたい、なんておこがましくて言えないけれど、自分が愉しくかつ必死に研鑽を積むことで、多くの人が喜んでくれる。笑顔の記憶。それこそが僕の仕事に対するモチベーションをかきたててくれる。』

私のパワーの源は、私が勝つことで、応援してくれるみんなが笑顔で喜んでくれるところを見たいと思う気持ち、これが、私が本番でパワーを発揮できる私の強みなんだと思う、と、いろいろな講演とか飲みの席でとかでも言ってきました。

ここ一番の勝負の前・・・①みんなの笑顔が見たい→勝ちたい→何が何でも負けられない→粘り強さ
・・・②みんなの笑顔が見たい→勝ちたい→ミスをしないようにしなければならない→リラックス→冷静に、1本1本正確に

という2つのベクトルが働き、合わさって、勝負強い自分が出てくるのだと、今なんとなく整理ができました。

でも、オリンピックの時は、「みんなの笑顔が見たい」ということがモチベーションである自分にすごく悩んでいました。
他の代表になるような選手はみんな、世界で戦いたい、とにかく勝ちたいんだ、という気持ちがものすごく強かったからです。
私はどうしても、そこまで世界で勝ちたい、という気持ちが湧いてこなくて、こんな自分は代表にふさわしくない、と落ち込んでいました。
まぁそこから、メンタルトレーナーの方にもご協力いただいて、オリンピックに行くことでみんなが喜んでくれるって言うのも立派なモチベーションじゃないか、と肯定的に考えられるようになったのですが。

長谷部選手は、自分のパフォーマンス如何にかかわらず、日本国中が元気になって喜んでくれたのを肌で感じた、と言っていますが、私自身も、日本国中なんて大きなものではありませんが、少なくとも私の周りの人たちや、戸田市や桶川市の人たち、埼玉県の人たち、また全国のボートマンたちなど、それまで自分がかかわってきた人たちの何倍ものたくさんの人が喜んでくれているのは肌で感じることができました。

「勝ちたい」という欲があまりない、というのが自分のコンプレックスでもありましたが、世界で活躍し続けている長谷部選手が自分と同じ考えを持っているのだということがわかって、とても嬉しくなりました。

 

今日もまたかなーり濃い暴露話をしてしまいましたが。。。

この本に出会えてよかったです。

全日本軽量級選手権のご報告

| コメント(2)

今日のメニュー
朝:UT

大変遅くなってしまいましたが、結果をご報告します。

 

みなさんすでにご存じだとは思いますが。。。
目標であった優勝を果たすことができました。

 

今回の3日間もまたいろいろとドラマがありました。
総じて、改めてやはり、勝利はたくさんの人の支えの上に成り立っているものだという事を実感しました。

 

私は今まで日本代表活動をしていた時は、ほとんど1年中、常に減量に負われていたので、『省エネな身体』になっていました。
つまり、少ないエネルギー摂取量でもたくさん動けてしまう、ので、パフォーマンスはあまり落ちずに済みますが、逆にどれだけ食べる量を減らしても体重が落ちにくい体になっていました。

それが、オリンピック後からこの3年間かけて普通の食事を取り続けていたことで普通の体に戻ったのでしょう。
今回の減量は、体重を落とすことは今までになく楽でした。
でもその分、パフォーマンスにちょっと支障が出てしまいました。
それが予選のレース。
後半すごくバテテしまった上に、レース後の疲労がものすごかったです。
このままこの疲労が抜けなかったら絶対に決勝で勝てない、と思いました。

そこですぐに、いつもお世話になっている坂ノ下温灸院に電話をして、金、土とお世話になりました。

それから、斉藤佑ちゃんを思い出し、酸素カプセルにも行きました。

 

そしてあとは・・・

ちょこちょこここにも登場するG13大先生。
ゴルゴさんは、乗客全員が死亡した飛行機事故で唯一助かり、自然の中へ逃げ込みました。
ですが、いくら不死身のゴルゴとはいえ、瀕死の重傷を負っている状態。
そこで彼がとった行動は、とにかくひたすら休むこと。
全く動かず、エネルギーを摂取してじっとしている。自然治癒力を高めるために。

 

これを思い出し、金曜日のレース後と土曜日は丸一日、とにかくひたすらに寝ました。
体重も何とか大丈夫そうだったので、おにぎりやパンなどでちょっとエネルギーを補給して、あといつもやっているランニングも実は脚へのダメージが大きいことがわかり、やめました。

日中寝過ぎて夜は全く眠れませんでしたが。。。。

それでも日曜日の朝には疲れはすっかり回復していました。

そうすると、レースに対する自信も湧いてきます。

私は元々本番には強く、いつもなぜか一番の勝負の前になると、ものすごい集中力と自信が湧いてきます。

そうして体のコンディションと心のコンディションの調整がうまくいき、決勝では良いパフォーマンスを出すことができました。

きっとこれも、私がベテラン選手になった、という事なんでしょうね。
若い時だったら、あとのことは考えず、全部全力で戦っていました。。。
高校生の時は、決勝のレースのために準決勝のレースの後半は流しなさい、という先生の指示に反発心さえ抱いていたのを思い出します。

 

それから決勝のレース中。

スタートからゴールまで岸から飛び続ける、コーチ陣やチームメイトたちの的確なアドバイスや声援。

所々で岸辺に立って大声で応援して下さる方々。

そしてラスト、たくさんの応援に駆け付けてくださった職員の方々や友達の大声援。

途中あまりのきつさに何度も心折れそうになりましたが、皆様の力のおかげで最後まであきらめずに戦い抜くことができました。

最後の軽量級で優勝カップを、いつもいつも温かい笑顔で応援して下さる会長の元に持ち帰ることができて、本当に嬉しかったです。

 

ここからは、チームのカメラ小僧くんが撮ってくれた写真をいくつか。

総局長さま、私たちが朝早く練習に来るだろうと思って、朝の4時半ごろに起きて張ってくださったそうです。
そのお気持が本当に嬉しかったです。

みなさま、本当に本当にありがとうございました!!!

 

そして、うちのパソコンが壊れていて見られない、ということなので。。。

いつも見に来てくれてありがとう。

体のこと心配してくれてありがとう。

全日本軽量級選手権

| コメント(5)

今日から明後日まで全日本軽量級選手権です。

今日は予選でしたが、無事に明後日の準決勝へ進めることとなりました。

今回は食べないことに慣れたのか減量自体はそんなにいつもほどは辛くななかったのですが、その分エネルギー切れがやはりきているようです。。。

ある程度のカロリー摂取はやっぱり大切なんだなぁと今日のレースを経て思いました。

明日は一日休めるので、今日明日としっかり休んで疲れをとって、あさって頑張りたいと思います。

総局長さまのお宅のベランダ、今朝の早朝に練習で行った時からもうあったのです。

レース後に総局長さまからお電話をいただき聞いたところ、なんと私たちが朝早くから来るだろうと思って今朝4時台にもうこの横断幕を張ったというのです。

本当に本当にありがたいことです。。。

何としても優勝できるようにガンバリマス!!!

会津旅の続きその2

| コメント(0)

今日こそは、最後まで更新を・・・ファイティン!

 

旧滝沢本陣の続き。

当時の庶民の生活が窺えます。

床の間?
やっぱり昔だからか天井が低かったです。

綺麗な中庭の庭園。
ですが、右下の方に小さな丸い穴があります。
これは、戊辰戦争の銃弾の跡です。他にもたくさんありました。。。
あと刀傷も☟

私、こういうのを見ながら当時ここで行われていたことなんかを妄想するのが大好きなんですよねぇ。。。

とうわけで、大満足の旧滝沢本陣を後にし、白虎隊の自害の地、飯盛山へ。

というところで時間切れてしまいましたので終わります。

会津旅の続き

| コメント(0)

最近更新が滞ってしまていてすみません。

先週とその前くらいから、今週末の全日本軽量級選手権に向けてものっすごいきついトレーニングが続いており、それに加え減量のためエネルギー不足が続き、毎日毎日へろへろで更新する気力がわきませんでした。

昨日も夜7時には寝ていました。何もしないうちに。

というわけで、こんな状態が今週も続きますが、今週からはレースに向けての調整でトレーニングは軽くなるので、しっかり疲れをとるとともに、減量の方はさらに追い込みをかけなければいけないのですが、頑張ります。

なんか時々、意識朦朧支離滅裂になりますが、ご容赦ください。

 

すみませんが、会津旅のご紹介野続き、写真と一言ずつで簡単にさせていただきます。

まだほんとに導入部分しか紹介していませんでしたね。。。

駅の方から白虎隊自害の地・飯盛山へ歩いて向かっている途中に見つけた不思議な花。
一本の木から2色の花が咲いてるんですよ。とてもきれいですね。

 

そして、最初の目的地、旧滝沢本陣。

戊辰戦争の際に会津藩の本陣となり、松平容保で白虎隊に出陣を命じたそうです。
茅葺屋根の書院造で国の重要文化財とのことです。

 

・・・だめです。写真のアップロードに時間がかかりすぎます。
またほんのちょっとしかご紹介できませんでしたが、また明日更新します。きっと。
この滝沢本陣は私の大のお気に入りなのです。

こうちゃんの結婚式

| コメント(0)

今日のメニュー
朝:UT
夜:ランニング

 

最近家のインターネットの接続が悪く、せっかくの更新のチャンスの休日に更新できずに困っています。
携帯でも更新できるようにならないとダメかなぁ。。。

 

さて、会津旅その2と行きたいところでしたが、土曜日に大学のボート部同期の結婚式があったので、間に入れさせていただきます。

 

とてもいい笑顔ですね~お似合いです。
彼は早稲田ボート部の私の代の主務でした。

お色直し☟

奥さん、大変なべっぴんさんですね~

ウェディングケーキ、影になってしまってわかりにくいんですが、てっぺんにはボートを漕いでいる男の子とバレーを踊っている女の子が乗っています。
奥さんは元バレリーナだそうです。

 

早稲田ボート部は、2年生の秋に新人戦が終わった頃、その代から1人、どうしてもマネージャーを出さなければなりません。
彼は高校まで野球部のキャプテンで活躍し、大学に入って自らボート部の門をたたいて来てくれました。
もちろん運動センスは抜群で、どんどん成長していく姿がとても楽しみでした。
でも、私たちの代は部員が少なく、男子は彼を入れて当時5人。
そのうち3人はボート特待生で、もう一人も高校からボートをやっていました。
マネージャーを決めなければならない男だけのミーティング。
そこでどのような話し合いが行われたかは私にはわかりませんが、ただ誰もが苦しい思いをしたことは間違いありません。

私もとても悔しかったです。
2年の秋なんて、やっとレースにも出られるようになってこれから面白くなる!っていう時です。
そんな時に、ボートを頑張りたいんだって言って入ってきてくれたのに、選手を諦めなければならないなんて。。。

でも、彼は最高の主務でした。
彼を一言で表すならば、とにかく「熱い」です。
漕手の気持ちを一緒に感じるために、マネをやりながらエルゴやウエイトトレーニングをしたりしていたそうです。

彼の熱さを語っていたらきりがないのでやめますが、そんな彼の結婚式は、当然涙がにじむような熱い結婚式でした。

余興で私たち同期4人から彼への熱いメッセージをのせたDVDを上映しましたが、みんなほんとに彼のことを大切に思っている熱い熱いメッセージで、改めて私はこの代で早稲田ボート部にいることができて、本当に良かったなぁと思いました。

早慶、先輩後輩入り混じったボート部の仲間たち☟

そして、最後の新郎からの挨拶が一番ジーンときました。
つくづくいい男だなぁと思いました。

・・・・・・・・・・・・

大変大変汚い写真で申し訳ございません。
彼はうちの代の主将です。
大感動のDVDの前の余興中です。

新郎は、最初彼に余興を頼むのは大変に悩んだそうです。
なぜなら、彼の実家は石巻、実家は半壊だったから。。。

そんなつらい思いを抱えながらも、彼は快く引き受けてくれたそうです。
一番の仲間のためだから。

この醜態の裏にはそんな背景がある。。。

というフォローで多くの人の涙を誘い、たぶん彼のこの行き過ぎた行為も許されたのではないかと思います(笑)

でも、ほんとにみんないいヤツです。

 

最後に、久しぶりに会ったゼミの仲間たち。
私はゼミも新郎と同じでした☟

とてもいい結婚式に出席できて、私もとても幸せになりました。
ご招待いただき大感謝です。

こうちゃん、あかねさん、末長くお幸せに!!

会津一人旅その1

| コメント(0)

今日のメニュー
朝:ショートインターバル
夜:ランニング

 

ゴールデンウイークは5月3日のみ練習のお休みを頂けたので、会津若松へ一人旅に行ってきました。

テレビで東北の観光業が風評被害の打撃を受けているということだったので、少しでも助けになればと思って福島県へ行くことに決めました。

会津若松は小学校6年生の時に修学旅行で行って以来、16年ぶりでしたので、楽しみにしていきました。

せっかくの機会なのでゆっくりしたいと思い、5月2日の夜に仕事が終わってから郡山へ向かい、郡山で1泊、そして3日の朝に会津若松へ向かいました。

会津若松では、まず会津町方伝承館というところへ行ってお土産を買い、飯盛山へ行って白虎隊に思いを馳せ、鶴ヶ城へ行って桜を楽しみ歴史を感じ、東山温泉に入って疲れをいやしてきました。

これ、本当はバスを使って移動しようと思っていたのですが、地図を見ていたら「歩けない距離じゃないじゃん」と思い、全部歩いて移動しました。たぶん17kmくらいのようです。
もともと歩くの好きなんです。
バスでは気付かない道端の発見がたくさんあるので。

歩きながらいいなぁと思ったものは全部写真に収めてきました。デジカメが壊れて起動しなかったので全部写メですが。。。
それをたくさんご紹介したいので、何回かに分けてこの旅をご紹介したいと思います。

 

まず、郡山からの電車。あかべこの絵がかわいいです。

会津若松駅でお出迎えをしてくれたオシロボくん!

伝承館で手に入れたカラフルなあかべこたち♪

お昼休みが終わってしまうので、続きは次回へ!!

 

嬉しいご報告

| コメント(0)

今日のメニュー
朝:4km UT、SP等
午前:シングルの準決勝
午後:シングルの決勝とエイトのレースとランニング11km

 
今日は朝からものすごーい風が吹き荒れてまして、ほんっとーに憂鬱で仕方がありませんでした。
皆様ご存じのように、私は風波には最弱なので。
 
でも、今日オールを前から使っていたものに戻したんです。
新しいオールで昨日1レースやっても、やっぱりどうしてもうまくいかなかったんです。
 
あのオール、どうやら私には使いこなすのは難し過ぎるし、私だけじゃないみたいなんです。
同じオール使ってる方も、このオールは特に風に弱い、とおっしゃっていました。
このオールで苦戦しているのは私だけじゃなかったと知って、ちょっと安心しました。
 
そして、今日この風。
もう絶対前のオールに戻す!!と言って、前の使ってみたら・・・
 
なんという安心感!安定感!
 
今までの不安定さがウソのように、しっかりと水をつかめるし、多少風でやられてキャッチがうまく決まらなくても、なんとかすぐ持ち直すことができるんです。
 
私は思いました。
私がTMGに入職してから丸5年間使い続けてきたオールをあっさりと最新のオールに乗り換えたために、前のオールが「5年間も苦楽を共にしてきた私をそんなにあっさりと見捨てるのね(><)」と怒っていたに違いない。
だから、新しいオールにいつまでたっても慣れなかったのだと。。。
 
ま、冗談はさておき、でも本当に、今朝オールを戻した時にしっくりきたのは確かです。
おかげでこの強風でも「このオールならきっと大丈夫」と心強い気持ちでレースに臨めました。
でも、準決勝では途中から波と風にまたちょっと恐怖を感じ、ラストはだいぶ失速してしまいましたが。。。
 
そんな私のへたれな姿を見ていた一女の鬼先生のT島先生が、とても心強いアドバイスをくださりました。
さすが長年の付き合いで私のことをよくわかっていてくださる。
そのアドバイスのおかげで、私は決勝を強く戦うことができました。
T島先生、ほんとにありがとー。
 
先ほどのオールの件ですが、別に最新オールが悪いって言ってるんじゃないんです。
一長一短なんです。
風や波がないところでフィニッシュのタイミングがバシッと決まってしっかり押しきれた時は、今まで使っていたボルテックスよりも確かに艇は進むんです。しっかり水を最後まで押しだせるんです。
それは、練習中に自分でも感じたし、周りで見ていた人もそう言ってくれます。
だけど、私には難しくて使いこなせないんです。
ただ、軽量級が終われば全日本までしばらく時間があるので、そこでまた挑戦してみてもいいかなぁ・・・とも思います。
ちょっと専門的な話になりました。
 
それで、タイトルの「嬉しいご報告」その1。
戸田レガッタ、シングルスカル、無事に優勝できました。
 
エイトも、仙台大学との一騎打ちで負けてしまいましたが、仙台大学はオープン参加だったので、一応優勝ということでメダルいただきました。
 
でも、エイトもなんと、スタートでは仙台大学より先に出ることができたんです。
私はバウに乗っていたので、その様子がよくわかりました。
こんなことあっていいのか!?と思いながら半笑いで漕いでいたら、250mくらいからあっさり抜き去られていきましたが。笑
最初で最後になるであろう男子エイトでの本気のレース、とっても楽しかったです。
 
 
そして、もう一つの「嬉しいご報告」その2。
公認コーチの認定試験、専門科目、共通科目、供に無事に合格することができました!
昨日、共通科目の合格通知が届きました。
これで晴れて国体の監督もできます。
一発で合格できて良かったです。
 
 
 
昨日、今日も、副局長さまや事務長さま方を始め、職場の皆様に応援に来ていただきました。
本当にありがとうございます。
総局長さまもベランダから手を振ってくださいました。
皆様から本当にたくさんの元気をいただいております。
次の全日本軽量級選手権まであと3週間となりました。
また明日からガンバリマス!!
 

Profile

熊倉美咲
熊倉 美咲 (くまくら みさき)
所属:
一般社団法人TMG本部
生年月日:1983年3月29日
血液型:A型
出身地:埼玉県桶川市
出身校:早稲田大学卒
信念:
諦めたらそこで終わり。
今、その時の自分の最大限の力で頑張り続ければ、きっといつか必ずうまく行く時が来る。