2011年2月アーカイブ

もんじゃ作って食べました

| コメント(0)

ちょっと前置き。

昨日、一女ボート部同期の中で初の赤ん坊を見に行ってきました。
あおぽん。

赤ちゃんはほんと、無条件にかわいいですね。
見てるだけで自然とみんなを笑顔にさせてしまう。
素晴らしい能力ですね。

 

さて本題。

先日ちょっと話しました、もんじゃ減量法。
早速試してみました。

明太もちチーズもんじゃ♪

ちょっとですね、いろいろ分量を誤りまして。
私はいつもだし汁としてめんつゆを使うので、いつも通りめんつゆ使ったら最初すごくしょっぱく、これでも大分薄めましたがなんか汁の色がちょっと黄土色っぽくなってます。
しょっぱい汁をとりあえず最初半分に分けたので、まだ半分残ってます。
明日もまたもんじゃですね。

それから、小麦粉を入れすぎました。
うちの大さじ、普通の大さじより大きいみたいです。
小麦粉多すぎて汁がねっとりしてました。
でも逆にそれがモチモチ感アップでなかなかおいしかったんですょ
v(^▼^)v

土手作って汁流し込んだところ。
これ、レコルト・ポットデュオといって、だいぶ前にネットで見て一目ぼれして衝動買いしました。
これ一つで、焼くのも煮るのも蒸すのもできる優れモノなんです。しかもちょうど一人前分くらい。
2ヶ月くらい我が家で眠っていましたが、やっと本日、日の目を見ることができました。

最初具材だけを炒めた時に油を使っていないので、上の上の写真ではキャベツかなり生っぽく写ってますが、上のように全体混ぜてぐつぐつやってるうちにちゃんと火も通って柔らかくなりました。

ちょっと見た目よくないですが、裏はこんな感じでちゃんとおこげ。
多めの小麦粉とおもちのおかげで最強もっちもちもんじゃでした。
まぁ、こんなに炭水化物が入ってるんでは減量食にはならないですね。
いや、でも、キャベツはたくさんとれてるし油も一切使ってないので、気持ち減量食でしょう、きっと。
チーズも低脂肪チーズ選んだし。

あ、ちなみに、おもちは先日松橋家からいただいた大潟村のおもちです。
このもんじゃがおいしかったのは、きっとおもちがおいしかったのもありますねー。ありがとーございました!

 

そして、最後にまた余談。

携帯をデコってみました。

聖徳太子と蓮の花です。
仏教の世界を表現してみました。
東急ハンズに行ったらこういうデコシールがものすごいたくさん売ってて、その売り場の前でずーっとたぶん15分くらい悩みに悩み続け、最終的にやっぱりどこかで最初から魅かれていた聖徳太子にしてしまいました。
実は聖徳太子にはちょっとオリンピックの当時の思い出もあったりもして。
そして、蓮の花のシールはもともと持っていたので、組み合わせてみました。
なかなかのお気に入りです。

 

最近、なんか体がしんどいです。毎日毎日体がだるいです。
先週は3日間くらい毎朝毎晩片頭痛ひどかったし、昨日はちょっとご飯食べただけですぐお腹痛くなったし。。。
で、昨日坂ノ下温灸院行って、いろいろ鍼打ってもらってきました。
なんか病気とか言うわけではなく、とにかく疲れているのだそうです。舌とか目の色とかにそれが現れているそうです。充電すればまた元気になるはずと言われました。
季節の変わり目だからなのでしょうか?
今日は久しぶりに早く帰って、こんなご飯もちゃんと作って食べてもまだ早い時間なので、しっかりお風呂に入って早く寝て、また明日から練習頑張ろうと思います。

シーズン開幕まであと1カ月。

 

月島もんじゃ

| コメント(0)

先日、月島にもんじゃ焼きを食べに行ってきました。
「月島もんじゃ」という有名なものをただ食べてみたいという、単純な動機です。
月島にあるもんじゃ焼きの店ならどれでもうまいだろう、という安易な考えのもと、ろくな下調べもせず行ってきました。

駅を出てすぐ、月島もんじゃ通りみたいのがあって、両側にもんじゃの店がひたすら続いています。
1番街から4番街までありました。

混んでる店、空いてる店、新しくて小奇麗な店、昔ながらの古そうな店、などなど、様々ありました。

その中で、歩いていく中でこの通り沿いだけで支店が4つくらいあったお店の本店というところにしました。


(注:この写真は本店ではありません)

 

その前にちょっと横に逸れますが。
どうやらここには「もんT」なる月島もんじゃティーシャツがあるそうで、一緒に行った人がだいぶ前から騒いでいたのですね。なんかそれがイケてるらいいんだと。
私は正直バカにしていました。だってもんじゃの絵が描いてあるんでしょ。

そして、見つけました。

まぁ確かにかわいいっちゃかわいいですね。でも着ません。

売ってるお店はこんなクリーニング屋さん。19時閉店。
街全体がレトロな下町なんですね。

 

それで、通りの奥の方にあったおしお本店に入店。

店内もレトロな感じ。

メニューはたくさんあります。
まず定番のめんたいもちチーズもんじゃ。

めんたいこ、めーっちゃでっかいです。

店員さんが最初は焼き方を教えてくれつつ焼いてくれました。
めんたいこがものっすごい濃厚で、とーってもおいしかったです。

続いて釜揚げ桜エビのもんじゃ。

桜エビ盛りだくさんです。

ちょっと思ったのは、月島のもんじゃは戸田のもんじゃとかに比べて生地が少し固い気がします。
だから、早く固まってくれるし、食べ応えもありました。
味も、とっても美味しかったです。

これだけでかなりおなかいっぱいになったのですが、やっぱりデザートは欠かせない。
ということで、ちょっと変わったあんこチーズ巻きというものを頼みました。店員さんのおススメでもあったので。

鉄板でまずクレープのように薄く生地だけ焼いて、その上にあんことチーズを盛りだくさんのせ、生地を丸めます。
チーズが溶けてあんこと絡まって、あんこの甘さとチーズのしょっぱさがまた絶妙な感じで美味しかったです。
でも私としてはプロセスチーズよりもクリームチーズの方が合うような気もするようなしないような・・・。

 

ま、そんなわけで、おなかいっぱいになって帰ってきました。

 

ちょっと思ったのですが、もんじゃってほとんどキャベツなのに、かなりおなかいっぱいになりました。
ということは、かなり低カロリー料理ですよね。
レシピちょっと調べてみたら、生地は出し汁と小麦粉だったし、簡単に作れそう。
ということで、軽量級に向けての減量食にぜひ取り入れてみようと思いました。

 

韓国(人街)に行ってきました

| コメント(0)

隠し子発覚!?

三塚ケイトくんです。
ベビーカーに乗せられているとびぇびぇ泣き通しで、パパが下に下ろしてあげるとピタッと泣きやんで一人走り回っている超活発な1歳児。
さすが三塚キャプテン2世です。

 

昨日は早朝と午前中に2回練習を済ませ、昼過ぎからは自由。

ということで、久しぶりに母と韓国へ・・・行きたいのですが、韓国人街の新大久保で我慢しました。

熊倉家だけでなく世間でも今は韓流スターブームということでか、新大久保全体がものすごく混んでいました。
時はもうすでに2時半近いというのに、母が行きたいと言っていたお店は20人から30人くらいが外で待っている状態。
腹ペコでとてもそんなの待ってられない、ということで、もっと空いている店を探すことに。
でも、やっぱりどこもいっぱい待ってるんです。
そんな中で、待ってるのが2組くらいの店を発見。

後から気付きましたが、別館だから空いていたようです。
本館はやっぱりすごい混んでました。

入り口のところには『劇団ひとりさん大絶賛!』の張り紙と、韓流アイドル超新星の写真が。

まぁこれならハズレはないだろうということで、ここにすることにしました。
私の大好きなサムゲタンがひとりさんのおススメらしいし。

中はこんな感じ。

店員さんはみなさん若い男性で韓国人でした。
流行に乗ってるんですね、きっと。

入り口入ってすぐ右には東方神起☆

韓国料理って、やはり数人のグループで行くべきですね。
多くの料理が2人分くらいだったり2人前からしかオーダーできなかったり。
母は肉が食べられない。でも私は肉が食べたい。
でも、すごく食べたかったサムギョプサルは2人前からしか頼めない。
でも食べたかったので、2人前一人で食べるからいいと言って、注文しました。

お料理はどれもとてもおいしかったですよ。

私はとりあえず注文した肉類をすべて食べるだけでおなかいっぱいになることは確実だったので、サムゲタンとサムギョプサルは私担当、トッポッキと海鮮チジミは母担当、ということで食べ分けました。

でも、この肉の量、半端ないんですよ。
厚さ9mmでガスコンロと同じ長さの豚バラが4枚ですよ。
見ただけでとりあえずおなかいっぱい。
でも、頼んだからには全部食べなきゃ・・・という責任感も一杯。

味はとっても美味しいんです。
初めからみそ味が付いているお肉を頼んだので、この味噌が焦げたところとか、ほんとにおいしくて、とにかくひたすらこの肉を食べ続けました。最初は。
でも、やっぱり4枚中1枚ですでにかなりおなかいっぱいなんです。
体を丸くしてう~う~言いながら食べ続けている私を見かねた母が、隣の女性2人組が肉を頼んでいなかったのを見て、「良かったら半分食べていただけませんか?」と声をかけてくれました。
最初は遠慮していたその女性たちも、「肉お嫌いでなかったらほんとにぜひ・・・」という母の2度の声かけに本性を現してくれ、「ほんとは羨ましかったんです」と言ってたくさん持って行ってくれました。
あぁ助かった。。。

でも、ほんとに美味しかったんですよ。

 

そうしてその店を後にし、母が韓国食材を市場で買いこみ、グッズの店をいろいろ見て回ったが、ものすごく混んでいたし特にいいものもなかったので何も買わず、でも母がいつの間にかライブのDVDを買ってくれていて、そのまま実家に帰ってそのDVDを見て、歌って踊って、戸田に帰ってきました。

久しぶりにオフらしいオフを過ごせた気がします。
サムギョプサルはほんとに美味しかった~

試験終わりました

| コメント(0)

今日のメニュー
午後:エルゴ6000mマックス測定

 

長い長い一日がやっと終わりました。

本日、とりあえずまず職場の認定試験が終わりました。
目標合格率10%、やる気なくす医事上級です。
「試験何受けんの?」 「医事上級です」 「あっ・・・ま、まぁ頑張って・・・来年もあるし」
みたいな医事上級です。

今日は朝出勤してから、ずっと仕事やりつつ勉強の紙盗み見しつつ・・・みたいな感じで1時までを過ごし、そこから3時頃までは勉強に集中。

私、今回久しぶりになぜかめちゃめちゃ緊張していました。
12時頃からかなり心臓がドキドキしていました。
試験会場に行って席に着いてから試験始まってしばらくは、レース前より緊張していたほど。
手が思うように動かなくて、回答が( )内に収まらなかったり字がへたっぴーになったり。

なんでしょうねー。年に1回しかないチャンスだからですかね。
ここでヘマしたらまた来年まで挽回のチャンスは来ない。
また1年後に最初から勉強をやり直さなければならない。
今まで勉強してきた用語がちゃんと思いだせるか・・・。
ちゃんと実力を出し切れるか・・・。
去年より点数悪かったらどうしよう・・・。(←去年ヘタにいい点とっちゃってるんです)

てな感じですかね。

4時半に試験終了。

どうかなー。
範囲とも思っていなくて全く勉強しなかった項目が大問1つ、あとは一度は勉強していたところが出題されてました。
とりあえず分かるところは埋め、分からないところも過去の記憶と勘を駆使して、回答欄全部は埋めました。
思っていたよりバカ難しい問題ではなかったけど、「回復期リハを必要としている患者〇割以上を入院させている病棟」とか、「DPCのデータ提出が期限より遅れた場合、〇%の減額を〇か月間」とか、なんかそういう細かい数字がうろ覚えで結構間違っていたり、「あっ、これさっき見たばっかりなのに!」っていう穴埋めや、「これあの紙のあそこに書いてあったよ~」とかで思いだせないのとかが結構あったりして、まぁそんなに悪い点数ではないとは思いますが、80点の合格点はまぁムリかなぁ。。。というのが私の自己予想です。

 

ま、とにかく試験勉強からは解放されました!
昨日も9時間くらいは勉強頑張ったし、最近は毎週末はずっと勉強していたし、とりあえず一時的に勉強から解放。
だけど、ほんとはもうすぐ3月13日に公認コーチの認定試験があるので、また勉強しなきゃならない~
ま、とりあえず今日明日くらいは遊ぼうと思ってます。

 

そんで、4時半に試験終わって、ちょっとしたら今度はすぐボートコース。
6時スタートで6000mのエルゴ測定です。
メンバーは5人で、うち4人+計測者は試験から解放されたばかりのものたち。
エルゴ6000mは憂鬱ですが、みんなその解放感からちょっとハイテンションでした。

結果は、23分13秒でした。
自己ベストではないけれど、今期3回の測定では最高タイムでした。
だけどやっぱりしんどい。ほんとに。
ラスト1000mはもう気合だけで動いてる感じでした。
でもそれよりも、自分的には最初の入りの2000mのタイムが7分36秒だったので、なかなか速いじゃん♪とちょっと嬉しかったです。
最後までもたなきゃ仕方ないのだけど。

ま、これで恐怖のエルゴ測定も終わりました。

 

その後、鬼監督でおなじみの一女ボート部顧問のT島先生とロイヤルホストでご飯会。
ちょうど私がエルゴやる前に一女の部活で艇庫にいたので、お誘いしておいたのです。
お酒を好まない私たちの会合はほぼいつも戸田のロイホです。
二人とも常連で、店長さんに顔覚えられてしまっていてちょっと恥ずかしいです。
特に私は昨日もテスト勉強をずーっとロイホで長居してやらせていただいていたので、どんだけロイホ好きなんだよコイツって思っていると思います。

二人で会合するのは実はちょっと久しぶりなので、30前の女性たちらしい・・・もとい、女子会的な話をたくさんしてきました。笑
でも、彼女とはほんとに話題は尽きないし、お互いほんとに何でも話しちゃうし、あっという間に3時間が過ぎました。
楽しかったー。

 

という長い充実した一日でした。

 

大潟村のパンプキンパイ

| コメント(0)

昨日、早稲田ボート部の後輩のご実家から、こんなにたくさんの贈り物をいただきました。☟

私が4年生の時の1年生だったM橋くん。
秋田高校出身で、ご両親が農場をやっていらっしゃるそうで。

当時彼がお土産として持ってきて下さったパンプキンパイがめちゃめちゃ美味しくて、もともと私がカボチャ好きというのもありますが、とにかく絶賛していたのです。

そうしたら、どうやら彼のお父様がわたくしめのファンでいてくださるということで、時々こうして送って下さるのです。

卒業してからもう丸5年が経とうとしているというのに・・・
大変ありがたいことです。

さらに今回は、お父様がお作りになられた新米やおもちや、Matsuhashi Farmティーシャツとポロシャツまで送ってくださいました!
半袖なので、もう少し暖かくなったらぜひ着させていただこうと思っています。

お米☟

すごいですよね。ちゃんとお父様のお名前があります。

近日早速炊いて、いただきたいと思います。

パンプキンパイの話に戻りますが、後輩のM橋くんはその年のカボチャのでき具合によって、パンプキンパイの味の善し悪しまでわかってしまうそうです。
よく、今年のは去年のよりうまいです。とか言ってました。

私はそこまでの味の違いまでは分かりかねますが。
でも、とにかくめちゃめちゃ美味しいです。
カボチャ本来の甘みとホクホク感が活かされております。
一口いただくと、口の中にカボチャのうまみが広がります。

以前、オセロの松島さんが、とんねるずの食わず嫌いに出演された際に、なんか最初に自分のお勧めするお土産を紹介するんですけど、そこでこの大潟村のパンプキンパイを紹介していたんです。
確か、素朴な味ですね・・・みたいなことを言われていた気がしますが・・・

通販でも買えるみたいですよ。

雪かき

| コメント(0)

今日のメニュー
朝:雪かき

 

雪、たくさん降りましたね~

昨晩11時の戸田市のある場所の様子☟

今朝はすでに雨に変わっていましたが、降り積もった雪は全く溶けておらず。道路もボート出すところも。

このままもし明日まで解けずに凍ってしまったら、明日もボートが出せない!
ということで、今朝はみんなで練習返上で雪かきしました。

スコップなんてものは当然ないので、みんなでほうきやデッキブラシやちりとり、バケツなんかを駆使して、明るくなってちょっとした頃には、ようやくまぁまぁ滑らない程度には片づけられました。
靴、びちょびちょになりました。

もうすでに雪は少し水っぽかったので、バケツに雪を詰めて簡単に雪だるま作成。

 

でも、今思うこと。

この暖かさなら、雪かきしなくてもきっと今日で全部溶けてたよね。。。

後輩たちの結婚式

| コメント(0)

今日のメニュー
朝:幕の内 UT40分、TR3分×4、SIT20本×6
昼:UT9km+ジョギング2km強

 

建国記念の日、後輩たちの結婚式でした。

後輩たち、というのは、どっちも後輩なんです。
新郎は、現所属チームの戸田中央総合病院RCの後輩、新婦は、早稲田大学女子漕艇部の後輩。

ふむ。我ながら、良い写真ですね。

新郎のS本くんは、今はCOXよりもコーチングでチームメイトたちから絶対の信頼を受けています。
私もものすごく信頼してます。
彼の眼はすごいです。岸から見てるだけで、漕いでいる私たちのものすごーく微妙な動きの変化や筋肉の使い方や力の伝わり方なんかが見えてしまうのです。
ヘッドコーチが遠方から月に1、2度しか来られない中で、彼はうちのチームになくてはならない存在です。

それと同時に、彼は戸田中央総合病院の中央病歴管理室所属ですが、戸田中の事務長さんのお話では、彼は病院でもシステム管理者としてなくてはならない存在だそうです。

TMG出席者全員集合☟

 

続いて新婦の山ちゃん。
彼女は大学時代、途中からCOXに転向して、一緒に舵手つきクォドルプルで全日本選手権優勝、連覇を成し遂げました。
私の代は女子は私一人しかいなくて、彼女たちの代は4人いて、みんなにはよくお世話になりました。
いろいろあったけど、あの頃の早稲女はボートに対する姿勢とか気持ちの熱さとか、もちろんそれに伴って実力も最高だったと思うし、その青春時代を一緒に過ごせた彼女の結婚はやはり感慨深いものがありますね。

早稲女集合☟

 

そして、戸田中RCのメンバーの結婚式では欠かせない、RCメンバー全員によるお嫁サンバ☟

私も踊ってますよ☟ロースーには着替えてないけど。

二次会では、キャプテン三塚さんの弟さんのバンドさんが演奏してくれました。
なかなか心に響くいいバンドさんでしたよ。
三塚弟さんはドラム☟

 

今日は、2回目の練習の後、明日がなんとバレンタインデーということで、チョコ作りに励みました。
一応予行演習ということで、先日先に作ってボート部員衆にあげてきました☟

なかなかかわいいでしょ?

でも、私的にはチョコバナナをイメージして、バナナ入りのバナナ味のドーナツにチョコでデコレーションしたのだけど、残念ながらバナナの味が、感じてよく味わってみればかすかにするかなー程度にしかしませんでした。
なので、今日はその反省を生かしてバナナを多めに作りました。
味はたぶんちょっとはバナナの味するはず。
だけど、デコレーションが反省を活かせずむしろちょっとヘタになっちゃった気がする・・・
ま、仕方ないっすね。

 

そうしてその後、5時半頃からココスに行って、試験勉強に励んできました。
6時頃から9時近くまではとにかくもうめちゃ込みで、どんどん待ってるお客さんが増えていく中、一人で勉強し続けている私は確実に大迷惑な客でしたが、でも仕方がない。
私は家ではあまり勉強ができないのです。
だから、せめてもの償いとして、ちゃんとご飯ものとデザート頼んできました。

その怒涛の時の経過をずっと見ていた感想。

店員さんたちが、ものすごーく忙しくててんてこ舞いなはずなのに、みなさんとっても元気に大きい声で笑顔で対応しているのです。
素晴らしいです。
私は内科外来勤務でてんてこ舞いはどれだけ気持ちに余裕を持つのが難しいかわかっているつもりなので、彼らは本当に素晴らしいと思いました。

そして、落ち着き始めた9時前ころ、ある従業員さんが厨房の中に向かって、「今一番ツライ時だろうけど頑張ろう!」と声をかけているのを聞いてしまいました。
表向きはみんな辛さなんて微塵も見せていないけど、やっぱり同じ人間、この忙しさはツライんだなぁ。。。としみじみ感じてしまいました。
だから私も、忙しさが少し落ち着いた頃を見計らってデザートを頼もうと、ちょっと気を使ってきました。

試験まであと1週間です。
やれることはきちんとやって臨めるように頑張りたいです。

宇宙って

| コメント(0)

今日のメニュー
朝:幕の内メニュー(UT8km、AT3分×4、SP20本×6)
昼:ロングレース3km
午後:UT13km

 

先日、六本木ヒルズでやっているスカイプラネタリウムという、世界初の3Dで歩いて見るプラネタリウムに行ってきました。

3Dプラネタリウム自体は確かにきれいなのですが、小さな星がものすごくたくさんちりばめられ過ぎていて、その中からオリオン座とか南十字座?とかふたご座とかを形成する☆が大きく明るく光っているのでそれらの星座を見つけることを目的としているのですが、私は見つけられませんでした。

初めての発見でおもしろかったのは、オリオン座を形成している上2つ、真ん中3つ、下2つの7個の星たちは、実際の地球からの距離は、全て全然違うということでした。
これは模型であって、横から見たら7つの星が適当に横一線に並んでいるように見えるのだけど、それを正面から見てみると、ちゃんとあの鼓のような形に見えるのです。

オリオン座は冬寒い夜の練習中によく見えた星座なので、個人的に思い出深く、また大きくはっきりとその形が見てとれるので好きな星座なのです。
ちなみに、今明け方の練習中には北斗七星がはっきりとよく見えます。

 

それでですね、そのプラネタリウムのある一つのコーナーで、我々のいる地球から宇宙空間へ飛び出して、ものすごい速度で太陽系を越えて、銀河系を越えて、137億光年先の宇宙の果てであるビッグバンまで到達して、そこから折り返してまた地球に戻ってくる、というスクリーン映像を見るのがあったのです。

 

宇宙の果てって何?

宇宙の果てというなら、その果てを越えた先には何があるの?

137億光年て、光の速さで137億年そこに行くまでにかかるのに、なんで人間が、そこに宇宙の果てがあるってわかったの?

宇宙空間の外はどうなっているのか?

宇宙が137億年前に誕生する前、そこには何があったのか?

「時間と空間の区別がつかない一種の「無」の状態から忽然と誕生した」というけれど、「無」の状態って何?

たぶん地球はいつか滅びる時が来るのだろうけれど、地球が滅びた後も宇宙はずっと存在し続けるのだろう。

そもそも宇宙は何のために存在しているのか?

ただ永遠に永遠に存在し続ける宇宙。

宇宙が消えてなくなる時も来るのだろうか?

消えてなくなったらその後の時間は何なのか?時間だけは永遠に永遠に永遠に続いて行くんだろうし。

宇宙ってなんなの?

 

…とまぁ、解決しない疑問が次から次へと浮かんできてしまって、キリがないんです。
これらの疑問の中には、ちゃんと専門的に調べればわかることもあるのだろうけれど、でも、宇宙は何のために存在しているのか?とか、宇宙空間の外には何があるのか、とか、宇宙が消えてなくなった後のこととか、決して答えが出ることのない疑問がどんどん湧いてきてしまって、この上映を見てからものすごく気分がもやもやしてしまいました。

 

私、よく、夜真っ暗で星がきれいな時にボートコースの周りを空を見ながら走っている時にあることなのですが、走っているといろんな悩みや考え事が次から次へとあふれてきて、それがごちゃ混ぜになってより深い悩みに陥ってしまった時、いつもこんな風に考えるんです。

私という人間は、ものすごい広い宇宙の中の、ほんのちっぽけな地球という星の中のほんのちっぽけな日本という島国の中のほんのちっぽけな埼玉県の中のちっぽけな戸田市に住んでいる、ものすごくものすごくちっぽけな存在で、宇宙から人間を見たら、ものすごくちっぽけな存在がうようよと動いているにしか過ぎないわけで、そう思ったら、たかが私一人の悩みなんてなんだか全然大したことじゃないじゃないか。
だけど、そんなちっぽけなうようよとした人間も、一人一人が一人一人違うことを思い、違うことを考え、違うことに悩み、喜び、お互いの存在を認め合って、濃い関係を作り合って時間を生きている。
この、ちっぽけな人間一人に与えられた時間は、137億年生きている宇宙からしたら、もう表現できないくらいちっさな100年という時間で、自分が死んだ後も宇宙は全く無関係に存在し続けていくわけで、だったら私たちはこの与えられた短い時間を思いっきり濃いものにして生きるしかないんじゃないか。

そう行きついて、一度しかない人生、今この時は今この時しかないんだから、勇気を出していろんなことに挑戦してみよう、いろんなこと頑張ろう、って思えるんです。

 

今日はものすごーく個人的な哲学的な文章になってしまいましたが、これらは私がいつも混沌と思っていることで、いつか文章で整理してみたいと思っていたので、良い機会になりました。

牡羊座

| コメント(0)

今日のメニュー
朝:W-up、AT15分(約3km)×3(SR24~26)

 

この本。

前に新聞の広告欄にこの12星座の本が紹介されていて、ちょっと気になっていたのです、ずっと。
で、この間本屋で見つけたので、思わず買ってみたのです。

読んでビックリ。

ほとんど私のことをそのまま書かれている感じです。

そりゃ多少そんなことないよってことも書いてあるけど、ほとんど自分に当てはまることばかりです。
1回目読んであまりにもその通りだったので、2回目読んで、その通りと思うところにポストイットを付けていったら、たった80ページの間に16か所もありました。
…て、この書き方じゃいまいちイメージ湧かないですね。
20テーマくらいのうち16テーマ当てはまっていると言った方がよいでしょうね。

私のことを知りたかったらこの本読んで、と言えるくらいです。

私は牡羊座らしい牡羊座なんですね。

 

この本を読んで何が良かったかというと、自分のいいところもダメなところも肯定してもらえた、ということです。

今まで、自分はダメだなぁ、、、と思っていたことが、自分だけのウィークポイントなのではなく、牡羊座全般がそうなんだ、自分だけじゃないんだ、って思えたこと。

イグザンポー、『落ち込んだ時』
・落ち込んだ時の牡羊座は周りを安心させるために平気な顔をするということができないから周囲を不安にするし、無理して落ち込みから立ち直ろうともしない。その状態に没頭する。
・何かの目標に向かっていたり誰かと激しい勝負をしたりしている時は打たれ強いが、ひとたび「戦う相手」「向かう場所」を見失うと、呆然と立ち尽くして何の無理もしない。でもある瞬間がやってくると、スイッチを入れたように一気に回復したりする。

これ、私がたまーに陥るうつ状態の時のことですよねー。
私だけじゃなかったんですね。

『失敗する時の傾向』
・自分が勝ち気で打たれ強いため、打たれ弱い人の気持ちに共感できず、過度に傷つけてしまう。
・待てない、焦ってしまう、結果を早く出したい、という先走りが大切なものをとりこぼす。
・自己肯定心の強さから、時間に暢気になってしまう。

思い当たる節がヒシヒシ・・・

『傾向』
・苦労して何かを成功させた、という話に強く共感し、頑張っている人や戦い続けている人の姿に心から感動する。総じて感動しやすい、興奮しやすいが、悲恋やサッドエンドには感動しない。

バンクーバーオリンピックや箱根駅伝ですぐ涙してしまったのはこれですね。
感情を抑えることができず、体の震えと涙がすぐこみ上げてきちゃうんです、ここ数年。
年とったからじゃなかった。。。

『嫌いなもの』
・ストレートさを好むので、細かい文句をつける人や複雑な駆け引きをする人は苦手。

その通り。複雑な駆け引きとか、めんどくさいと思って思考を停止させます。

『才能の輝き』
・プレッシャーが強ければ強いほど俄然やる気を発揮するが、「勝利」の形がハッキリ見える時に持ち前のパワーを全部出し切ることができる。

これは私のボートそのものですね。
自信がない時とか予選とか、結構いつもダメだけど、勝てるレース展開が頭の中で完璧にイメージできてる時とか、準決勝や決勝など負けたら終わりの勝負どころとか、そういうところではなぜか集中力が増してパワーがみなぎってくる感じがする。

・なんのてらいもなく、自分の正直な感動を相手にぶつけるようにして情熱的に褒め称える

すごいなぁと思ったことは、やっぱりそのまま感じた通りに言っちゃいますね。時には興奮して。

・人一倍負けず嫌いであるにもかかわらず、自分に非があれば驚くほど素直にそれを受け止める。誰かを悲しませたり失望させたりした時、水をかぶったように小さくなってしまう。

そう。そして私は自分を責めて落ち込み続けます。しばらく。

 

キリがないのでここらで終わりにします。

みなさんもぜひご自身の星座の本、読んで見たらいかがでしょうか?
気になる人の星座のを読んでもいいし・・・

Profile

熊倉美咲
熊倉 美咲 (くまくら みさき)
所属:
一般社団法人TMG本部
生年月日:1983年3月29日
血液型:A型
出身地:埼玉県桶川市
出身校:早稲田大学卒
信念:
諦めたらそこで終わり。
今、その時の自分の最大限の力で頑張り続ければ、きっといつか必ずうまく行く時が来る。