2010年11月アーカイブ

肉とエルゴ

| コメント(2)

今日のメニュー
朝:エルゴ測定2000mMAX
夜:ランニング?

 

昨日の夜9時前後に肉の塊300gを食べ、今朝6時半からエルゴ2000mMAX測定を行いました。

肉の影響もあるかもしれませんが、測定後は本当に気持ちが悪かった。。。

でも、それ以上にやっぱり2000mMAX測定の破壊力がものすごいようです。

呼吸器官と筋肉が今もなおやられています。

今日のタイム

Total: 7:17.9  Ave: 1:49.4
500m: 1:46.8
1000m: 1:49.5
1500m: 1:50.5
2000m: 1:51.2

こんな感じ。可もなく不可もなく。
まぁ今の時期でNo調整だったことを考えればよい方なのかな?

第2クォーターのラップくらいで残り1000mもキープできればベスト切れるかな。
20歳の時から7年間一度も更新できていないベスト。
引退するまでに更新できたらいいなぁ。。。

 

ま、エルゴの話はこれくらいにして。

肉の話。

 

昨日、戸田中央総合病院の理事長さまが主催で、幹部の方々が我々RCの 全日本選手権 男子舵手なしフォア優勝 および 田立健太 アジア大会 銅メダル獲得 祝勝会 および 慰労会 を開いてくださいました。

赤坂にあるロウリーズ・ザ・プライムリブ東京というものすごいお肉屋さん。

そこで出たお肉。

このお店の一番定番のカットがローリーカットといって、300g。

私これ食べちゃいました。相当きつかったです。
最初はめちゃめちゃおいしんだけど、やっぱり苦しくなってしまうとどんなにおいしいものも美味しく感じなくなっちゃうものですね。
腹八分目は正しいです。

この他に選べるカットが、180gのカリフォルニアカット、140gのなんとかカット、510gのダイヤモンドなんとかカット、1kgの特別カット。

男子のほとんどがダイヤモンドカット510g。

この厚さですよ。
簡単に平らげてしまった人もいれば、結構苦しんでた人まで様々・・・

そして、やっぱりさすがアジアの虎、ミスター八潮の田立選手。
みんなの期待に応えて1kg。

しかも彼は結構簡単に食べてしまいました。
もう一人挑戦したおバカは相当苦しんでいましたが。。。

 

こんなに理事長や副会長方と、しかも職員メンバーのみならず病院に勤めていないメンバーもこんなにたくさんお話ができる機会なんて、めったにあるものではありません。
本当にありがたい貴重な時間でした。

日頃から私たちの活動にご理解いただき、さらにこうして盛大に応援して下さることに大感謝です。

私の今年の役割は情報発信係長(自称)。

もっともっとたくさんの方々にファンになっていただけるようにこれからもどんどん情報発信し、それに見合う活躍ができるよう、部員一丸となって頑張っていきたいと思います。

 

第1回ボート体験会

| コメント(0)

昨日(土)PM3時より、戸田ボートコース第一県艇庫にて、戸田中央総合病院RC主催による第1回ボート体験会を開催しました。

今回は、日頃から部員がお世話になっている職場の方々に、感謝の気持ちを込めて楽しんでいただこう、という趣旨です。

いきなり他の企業さんみたいに社内レガッタ規模のものは無理なので、まずは身近な人にボートの楽しさを知ってもらおう、ということで試みました。

今年私はチームの中の役割として企画部長ということなので、結構中心となって企画しました。

どうなることやらと思ったけど、みなさん本当に楽しんでくれていて、私たちもみんなと一緒に楽しむことができて本当に楽しくて、大成功だったと思います。
私の携帯が犠牲になったこと以外は。。。。

しかし、記録を求めて夢中になってやり続ける、というのはきっと人間の本能なのでしょうね。

子供たち、今回の参加者だけでなく今までのボート教室とかの子供たちも含め、大概の子が夢中になってシャカシャカシャカシャカひたすらエルゴを漕ぎ続けますね。
どんなにちっちゃい子でも、ちょこんと座ってシャーっシャーっって真剣に前の画面を見つめながら漕ぎ続けます。

かわい過ぎる・・・・

今回は34人もの方が参加して下さったので、ナックルを6艇も用意しました。

最新式のウイングリガーのナックル。
簡単に上からはめ込んでバチンと左右2箇所ずつレバーで止めればもう終わり。
みんなで一生懸命つけてるところ、さぼっているS田くん。

私も後でこのナックルのコックス待ちといってコックスが乗るところの更にそのすぐ後ろに乗って舵をとっていたのですが、従来の木のナックルよりも軽く、深さも浅く、幅も少し狭め、水面との距離が近くてあまり安定感もなく、ボート初めての方々ばかりだけではなかなか難しい艇でした。
実際私もものすごく怖くて、ゆらゆら傾く度にみんなと一緒になってギャーギャー叫んでしまいました。
ま、こんな風に狭かったから、携帯も私のポケットから一気にスルッと水面へ真っ逆さまだったわけなんですけどね。
従来のナックルだったら水面じゃなくて艇底に落ちていたはずだったんです。
で、あっ危ない危ない、で済んだはずだったんです。。。はぁ。

ご自宅をこのボートコース沿いに購入され、朝早くから私たちの練習を見て下さったり、レースの時にはベランダに横断幕を張って応援して下さったり、とってもとってもお世話になっている総局長ご夫妻もとっても楽しかったとおっしゃってくださり、私もとても嬉しかったです。
すでにうまい人と下手な人のフォームの違いがわかるくらいよくボートを見て下さっている総局長ですが、やっぱり見てるのと実際やってみるのじゃ全然違うな~とのご感想をいただきました。

私の戸田中央総合病院の医事課時代の上司の方と同僚たち。
この時私の携帯はすでに水の中・・・はぁ。

アジア大会銅メダリストの田立選手とぜいたくなマンツーマンのダブルスカル体験。 

ま、こんな感じでとてもよい時間でした。
これも、部員の皆様がてきぱきと各自で動いて下さったおかげです。
チームワークの良さですね。
ありがとうございました。

今回私が声をかけた人たちだけでも、すごく行きたいのにその日は用事があって行けないという人が何人もいたので、ぜひまた第2回を開催したいですね。
年明けてちょっと暖かくなってからかなぁ。
今後継続して、できるなら戸田周辺以外の方々とか家族とかにもぜひ体験していただきたいです。
自分の力でボートを動かして、水面からすぐ近くのところで水面の上を滑るような感覚って、日常生活では絶対に味わえない感覚ですから。

来て下さった方々も、部員の皆様も、本当にありがとうございました。

皆様へ切なるお願い

| コメント(0)

今日のメニュー
朝:乗艇12km
午後:ボート体験教室

 

このブログをご覧になって下さる方で、私の携帯の番号とメールアドレスをご存じの方、どうか私に携帯番号をメールで教えてください。

 

本日、3年半愛用した超お気に入りの携帯電話を、ボートコースの底に沈めました。

ぼちゃんと音がして、すぐにそのほうを見ても、もう既にそこには何も見えませんでした。

手を伸ばす猶予もなく、ただぼちゃんと沈んで行きました。

ちょうどボート体験会中で、私はナックルのコックス待ちといって、コックスが乗るところのさらに後ろの狭いところに乗っていたのです。
舵を引いていなければ、その場でしばらく泣き叫んでいるところでした。

ボート初体験の方々ばかりの艇で、私が取り乱して舵取りを放り出してはいけない、というプロ根性だけで、その場は何とか自分を押し殺しました。

だがしかし、このショックは相当引き続いております。

携帯を持ったまま艇に乗る、という、初歩中の初歩のミスを犯した私が悪いのは、重々重々承知です。

だから、自分を責め続けています。

ほんとにバカ・・・・・

というわけで、体験会終わったその足で、カメラ小僧Nなかくんにつきあってもらってドコモショップへ。
せっかくなので、本日発売という最新機種を購入いたしました。
なんか機能いっぱいついているので、きょうはこれから携帯と格闘します。
ほんとは今日は本をまとめて読むつもりだったのになぁ・・・
こんなんじゃ全く読む気も起きません。

 

今まで使ってた携帯、2007年の6月、私が人生で初めて2か月間という長期間の海外遠征に行く直前に買ったものだったのです。
その頃iPodを持っていなかった私は、海外で好きな音楽を聴けるようにとソニーのいいミュージックプレーヤー付きの携帯を買ったんです。
その携帯は、デザインも感触もものすごくお気に入り、画像も大変素晴らしく、電池も充電しなくてもまだ余裕で3日くらいは使えるくらい元気で、まだまだまだまだ替える気はさらさらなかったんです。
ていうか、むしろこだわって替えたくなかったんです。

でもそれよりも何よりも、思い出が詰まりすぎていたんです、あの携帯には。
私が今までの人生で最も苦しかった2007、2008、2009を供にした携帯だったんです。
特に2007の世界選手権前、部員全員からの激励メッセージメールが届き、遠い異国の地で心細かった時でどんなに勇気づけられたことか・・・
そんなメールも保存しておいて、時々見て元気をもらってたのに、そんなのも全部消えました。
画像はパソコンにバックアップとっておいたのが唯一の救い。

でも、ほんとに心がむなしいです。

 

まぁ、きっと新たな一歩を踏み出せってことですよね。

過去を振り返るな。

何もないところから、新たな人生を築き上げていくんだ。

 

・・・はぁ。

ともかくですね。
新たな一歩を踏み出すためにもですね。
今現在もお付き合いさせていただいている方々の電話番号とアドレスは必須です。
どうかこのおバカな私にメールをください。
また、皆様の周りの方々にも、このおバカな私にメールを送ってやってとどうかお伝えください。
何卒よろしくお願いいたします。

 

あ、本日の体験会は大成功でした。
でも今は携帯のことで頭がいっぱいいっぱいなので、明日書きます。

講習会終わりました

| コメント(0)

今日のメニュー
朝:乗艇UT12km

 

おとといですが、無事に5日間みっちりの公認コーチ養成講習会が終了しました。

ですが、これで終わりなわけではなく、年明けにある試験に合格しなければなりません。

まず2月か3月に受験し、それでダメだったら5月に再チャレンジという猶予が設けられています。ありがたい。

2月は職場の認定試験があって勉強できないので、私は3月に受験ですね。

試験範囲が膨大なので、きちんと計画立てて計画通りに勉強を進めなければならないでしょう。

今まで乗り越えてきたように、直前短期集中ではとても賄いきれない量です。

講習会で勉強した記憶が残っているうちに復習しなければ。。。

と強く思っている今日この頃。

ですが、なかなか実行できないほど他にやるべき事がたくさんある今日この頃。。。

来週、以前にも一度紹介した夢先生をまたやらせていただくことになりました。

また後日紹介しますが、まずその授業の準備をしなければなりません。

さらに、相変わらず本の衝動買いが止まらず、読みたいと思った本はAmazonさんでクリッククリックで即購入。

どんどんどんどん読みたいが読めていない本が溜まっていく一方なので、一気にまとめて読みたいのです。

あと、録画するだけしてまだ見れていないテレビ番組・・・

やりたいことはこんなにたくさんあるのに、いざ日曜日で何もない日とかになると、無駄にぼーっと過ごしたり寝て過ごしたりしちゃうんですよねぇ。。。

 

何も予定のない日こそ無気力になってしまう、というのを何度か体験するようになってから、忙しいのは幸せなことだ、という説の意味が分かるような気がするようになりました。

 

ま、そんな感じで、お昼休みに徒然なるままに更新してみました。

再び公認コーチ養成講習会

| コメント(0)

今日のメニュー
朝:ランニング6km 200mダッシュ―100moff×10セット サーキット

 

実は昨日からまた公認コーチ養成講習会に参加しております。
23日(火)までです。
毎日両国まで通い、5日間毎日約9時間ほどみっちり座学です。

前回は専門科目でしたが、今回は共通科目です。
両国の第一ホテルにあるホールで、100人くらい受講者がいて、種目は様々です。
授業でペアを組んだりして話す機会とかあり、そういう時に違う種目のいろいろな話を聴くことができて、なかなか楽しいこともあります。
今日私が話を聴いた人は、バスケットの方と水泳の方でした。
中でも特に印象に残ったのがバスケの方の話です。

マイケルジョーダンといえば、きっとほとんどの方がNBAのスーパースターだということはわかると思います。
私もその程度の認識でした。
でも、彼の生い立ちは大変複雑だったそうです。
バスケが好きな人にとってはもしかしたら常識なのでしょうか?
高校からバスケを始めたが、最初は試合に出られないくらいの実力しかなかったそうです。
でその後めきめきと頭角を現しNBAで活躍していましたが、ある時父親が強盗に殺害されてしまう。
そしてそのすぐ後に引退し、野球に転向。
でもまたバスケの世界に戻ってきて、引退試合では終了間際に逆転シュートを決めた。
その時の会場を埋め尽くしていた観客の全員が、ジョーダンのシュートにクギ付けになっている。
その時の映像が、ものすごく印象深くて好きなんだ、とその方は熱く語って下さいました。かなーりはしょってしまいましたけど。私は知らなかったので驚きでした。

それからですね。
私はここ数年ほんと涙もろくてダメなんです。
スポーツって、本当に人を感動させるものなんですね。と改めて思いました。

競技者育成のための指導法という3時間の授業の中で、4回くらい涙流してしまいました。

まず、岩崎恭子さんがバルセロナで14歳で金メダルをとったレースの映像を見て1回。
200mの平泳ぎで、150mのターンまではまだ負けてるんです。
だけど、そこからぐいぐいぐいぐい上がってくる。
その追い上げからタッチの差で勝つまでのところで感極まってしまいました。
当時私はたぶんまだ小学4年生くらいで、私も水泳をやっていたのでよく見ていましたが、世間では14歳なんてたったの中学2年生の子が!!っていうことだったでしょうが、当時の私にとっては中学生も十分お姉さんだったので、すごいなぁ~くらいの感動しか覚えていません。
だけど、この年になって改めて見てみて、小さな彼女の成し遂げたことのあまりのすごさに感極まりました。

続いて、2回目の涙。

世間でもあまり知られていないと思うし私も全く知りませんでしたが、彼女と彼女の家族はものすごい苦悩の日々を送ることになります。
注目されることが好きではない彼女が一気に全国民から注目の的になり、どこへ行くにも何をするにも常にみんなに見られている。
息つく暇もない日々が続き、その後のレースはどんな結果であっても彼女がいつも注目され、誹謗中傷のような、あることないこと書き立てられる。
家には調子に乗るなという嫌がらせの電話や手紙が後を絶たない。

彼女はまだ中学2年生。
オリンピックに出られることもびっくりだったようです。
オリンピック出場が決まった時のインタビューで目標を聞かれ、彼女は「決勝に残れたらいい方だと思います」と不安げに答えていた。
なのにそれを、横から余計な大人が「残れたらいいじゃなくて残れるように頑張るんでしょ!」と無理やり自分たちの思う方に持って行こうとする。

彼女と彼女の家族は、金メダルなんてとるんじゃなかった、と後悔したそうです。

そんな苦悩を乗り越えて、彼女はオリンピックの金メダルの意味を確かめるために、もう一度オリンピックを目指す。

アトランタでの結果は10位。でも彼女は笑顔でした。
その時のお父さんの言葉。
本当によく頑張ったんだからいいよ。
って言って、笑顔で大きな丸を作って彼女を称えたそうです。

ここ、ちょっと北京の最後のレースが終わった後の自分とちょっとダブって感極まりました。
私の苦悩なんて彼女のに比べたら全然アマちゃんだけどね。

 

あぁ。。。熱く語りすぎた。。。つい想い入れ込みすぎちゃいました。まだ涙2回分残ってるのに。

 

3回目は、東京オリンピックのマラソンで3位になった円谷選手です。
彼は責任感の強すぎる男で、そんな彼に周りの人間も彼に次のオリンピックで金メダルをとることを過度に期待し、圧迫し、その重圧から気を抜くことも許されず、結婚すらも会社の上司に許してもらえず、次のオリンピック目前で自殺してしまったそうです。
どんなに苦しかったことでしょう。
どんな時でも常に重圧を背負って走り続けなければならない。
苦役ですよね。
「孤高のランナー」という本があるそうなので、今度読んでみたいと思います。

そして最後の涙。

バルセロナの男子400m準決勝。イギリスのレドモンド選手。
レース中に肉離れを起こしてしまい、しばらくうずくまっていますが、他の選手がゴールした頃、脚を引きずりながら1人ゴールを目指し始めます。
観客からはたくさんの声援と拍手。
しばらくして、コーチでもある彼の父親が、止められるのを振り切って彼に駆け寄ります。

もう走らなくてもいいんだぞ。
いやだ、走るんだ。
じゃあ一緒にゴールを目指そう。

そして、泣きながら彼はゴールしました。

この時の彼の無念を想像したり、この時の父はコーチとしてよりも父親として寄り添っていたんだろうなぁ、とかいろいろ考えていたら、こみ上げてしまいました。

ま、そんな感じで、やっぱりスポーツはいいですね。

講習会はあと3日間あります。
ついでに来週1週間は、早朝の練習が毎日エルゴ測定ばっかりのようで、今結構へこんでます。
まぁどちらもやるしかないのでガンバリマス。

感電死

| コメント(0)

今日のメニュー
朝:UT15km

 

ちょっと他人事ではありません・・・・・・・・・・・

☟☟

www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00188053.html

 

ご冥福をお祈りいたします。。。。

サーキットトレーニング

| コメント(2)

今日のメニュー
朝:5.5kmランニング タイムアタック
  サーキット12種目×2セット×2シリーズ

 

サーキットというものは、どうして自分の身一つでこんなにも追い込むことができるのでしょう。

肉体も心肺も、全身追い込みました。

追い込み過ぎたので、昼休みは寝ます。

 

でもその前に。

今日の日経にこんな記事が。

直径22センチのピザバーガー@バーガーキング・ジャパン。

12月8日から1月11日まで発売するそうです。

この画像はネットではこれしかなかったので、参考程度に。先にNYで販売してたみたいです。

ぜひ食べたい。

4~5人くらいのパーティーが良いですよねきっと。

パーティー募集。

では、おやすみなさい。

ダブルスカル

| コメント(0)

今日のメニュー
朝:UT15km

 

縁あって、今朝は一人戸田で合宿中のデンソーのHやし選手と一緒にダブルに乗りました。

彼女とダブルに乗るのはものすごーく久しぶりです。
いつかのナショナルチームの選考合宿で乗ったことがあったと思います。

今朝は風もなく水面も穏やかで、ひじょーに気持ち良くゆーったりとUTを漕ぐ事が出来ました。
結果を求められていない、心にゆとりのあるダブルスカルは最高ですね。

私はバウに乗りましたが、やはり普段はお互い全く違うチームで練習しているので、リズムが全然違いました。
だけど、すぐに同調することができました。

なんか、すごくよくわかりました。いろんなことが。

最初一瞬、あっ合わせられない、どーしようっって思いましたが、今までだったらここで固くなって、変に相手に合わせようとして、余計にガタガタになっていくパターンでした。

だけど今日は、とにかくのびのびと気持ちよーく漕ごうと思ったんです。

そう思ったら、自然と彼女のリズムに同調することができ、すぐに違和感なく気持ちよーく艇が進むようになりました。

 

それを踏まえて、これは生活のいろいろな場面でもおんなじことなんだなーといろいろ考えだしました。

ボートのクルーであれ、職場であれ、家庭であれ、どんなコミュニティでも自分ばっかりを主張していたら、自分も気持ち良くなれないし、全体も気持ち良くなれなくて、結果的に何にもうまくいかないんです。

自分というものは保ちつつ、相手を思いやって、お互いが歩み寄ろうとする。

お互いが同調できれば、そのコミュニティは円満に円滑にうまくいくものです。

 

クルーボートっていうのは、やっぱり究極の団体スポーツなんだなぁと思いました。

中でも特にダブルスカルというものは、練習中はたった二人だけの空間なので、それぞれの力の移動がそのまま相手や艇に伝わってしまう分、そういった「同調」というものを感じやすかったのだと思います。

 

今朝はよい練習ができました。

まなみちゃん、ありがとう!!

Oイチさん結婚式

| コメント(0)

今日のメニュー
夜:ランニング12km

 

昨日の夜、たまたまつけたテレビで、アジア大会の競泳をやっていました。
たまたまその解説者が私の中学時代のコーチだったので、顔は見えなかったけど声だけ聴いて懐かしいな~と思って見てました。
そして、またたまたまちょうど女子100mバタフライの決勝がやっていました。
100mのバタフライは、私の当時の最も得意だった種目です。

当時は、私の1つ上の方が日本のトップで、世界でもトップクラスでした。
背はちっちゃいのに、50m近くドルフィンキックで潜っていってしまって、浮き上がってきた時には周りを寄せ付けないくらいトップなんです。
その彼女も、確かタイムは59秒をわずかに切って58秒台を出して、ものすごいぞーと言われてたと思います。
それが、昨日の優勝タイムは57秒台でした。
進化はすごいですね~。
まぁ、当たり前か。あれはもう10年以上昔の話だからなぁ。。。

 

ま、前置きはこのくらいにして。

昨日は我が戸田中央総合病院RCのメンバーの佐藤Oイチさんの結婚式でした!!

40歳の大台を目前にして?、一回りも若い奥さんをゲット!
奥さん、私の1つ上です。新幹線でたまたま隣の席になった若い奥さんをナンパしてゲットです。すごい!
しかも、奥さんのお腹には新しい命が・・・
あ、ちなみに入籍は4月にすでになさっているので、最近はやりの〇きちゃった婚ではないようです。

Oイチさんの結婚については周りの方々がずっと心配していたことでしたので、出席者の方々もご当人方に劣らず幸せそうな披露宴だったように思います。

その中のお一人、Oイチさんの中央大学時代の同期であると同時に、8年くらい私が大ファンであるKさんに写真をお願いしちゃいました!とてもOイチさんと同期とは思えないカッコよさ・・・はっスミマセンOイチさま。

女子部万歳☆

二次会でのマッチョダンサーズ★

全員うちのボート部員です。ゴリマッチョと細マッチョに分かれてこれからみんなでAKB48のアイウォンチュー♪を踊るところです。後ろの源太郎さん、ものすごいゴリマッチョですねー。

この他にも先の披露宴では、ボート部全員(男子は全員ローイングスーツいっちょ)で両手に紙で作った紅白の花を持って、47歳N村さんを先頭に1列でお嫁サンバを踊りながら会場を練り歩きしたのですが、何しろ全員踊っていたので写真がありません。非常に残念ですが。
しかし、お嫁サンバはうちのチームの伝統芸とはいえ、本当に全員がものすごい気迫でこの芸に臨んでおり、(特にN川小児科医師)、本当に全員が心から楽しんでいるのを見て、本当にこのチームの団結力はすごいなーと思いました(笑)

ではでは・・・
オーイチさん、ゆみこさん、お幸せに☆

祝1周年

| コメント(5)

今日のメニュー
朝:UT15km

 

今日はポッキーの日。

ポッキーの日といえば、このブログの1周年記念日です。

ちょうど1年前の今日、このブログは開設されたのでした。

その当時の写真を再び。

心なしか、みなさんちょっと若い気が・・・

とりあえず前の制服が懐かしい。

 

今まで日記を書こうと思って書き始めても、いつも3日と持たなかった私がここまでブログを続けてくることができているのも、このブログを読んで下さり、激励して下さる皆様のおかげです。

本当に感謝しております。

これからも、何卒よろしくお願いいたします。

 

今日はポッキーの日なのでお祝いしようと思ってお昼に売店でポッキーを買ったら、なんと微妙に溶けて固まって、全体的にくっついていました。記念すべき日なのについてないです。

さらに今日はインフルエンザの予防接種をしたせいか、気分もよろしくないです。

なので、早く寝ることにします。

 

でも、今後ともよろしくお願いいたします。

 

今日の韓国語

아주 기분이 좋아요. アジュ キブニ チョアヨ。 とても気持ちがいいです。

夜回り先生

| コメント(1)

昨日のメニュー
朝:みんなでランニング3600m、400mX2、200mX2、補強
午後:乗艇UT15km

 

昨日の午後は久しぶりに昼間の明るい太陽の下で練習できました。

とても気持ちよかったですょ。

練習後のボートコース↓

携帯の夜景モードで撮影してみました。
3年5カ月前の携帯なのに、画質良いでしょ。

 

さてさて、遡るは金曜日の夜、戸田文化会館でJC(とだわらび青年会議所)さん主催の講演会がありました。
講師の方は、有名な夜回り先生です。

有名な、と書きましたが、正直私は存じて居りませんでした。
ですが、もともと子供の教育関連には興味があるので、行ってきました。

やはり有名なだけあって、ものすごい混雑でした。
大ホールがすべて埋まり、キャンセル待ちに何十人も並ぶほど。

ぼやけちゃったけどこんな感じ。

思っていた以上に、ものすごく深く、圧倒的な内容でした。

先生の話に全身全霊で聴き入りました。

心にものすごく強い何物かがドンドン何度もぶつかってくるような、そんな感じの1時間半でした。

心が温かくなる感動と悲痛な感動と両方あり、そのどちらも強烈で、何度もこみ上げてきました。

何十分もかけてこの講演の話をしたいところですが、そんなことをしたら確実に皆さんが読み疲れてしまうほどになるので、たくさんある話の中でも本当に特に心に残った話をします。

ただ、1時間半かけて先生がいくつものエピソードを話してきて、その最後に語った話だからこそ言葉に重みがあったのだと思うので、そこを省いてしまうのはきっと完全には伝わりきらないかもしれません。
でも書きます。

 

先生は、たくさんの子供たちからよく「自分の命は自分のものだから好きにしていいよね?」と聞かれるそうです。

 

自分の命は自分のもの?

 

本当にそうでしょうか?

 

今から65年前、沖縄に米兵が上陸し、たくさんの命を奪いました。
ある大きなガマには、7百何十人もの人が避難していました。
そこには兵隊は一人もおらず、子供とお母さん、おじいちゃんおばあちゃんたちだけでした。
でも、米兵は良く確認もせず、そのガマを爆弾で攻撃し始めました。
大人たちは子供たちを守るためにまず子供たちを奥にいかせ、自分たちは爆弾の方に向かって行きました。
自分たちの死体で入り口を塞いで子供たちを守るためです。

結局700人以上いたうち、生き残ったのはたったの12人。
歩くこともできない赤ん坊ばかりでした。
たくさんの子供たちまで犠牲になったのです。

私たちの命は、人類誕生から1本の糸で繋がっているのです。

私たちが今存在しているのは、今までたくさんのご先祖様たちが、体を張って子孫を守ってきたからなのです。

だから私たちは、1人1人その命を大切にしなければならないし、尊い子供の命を守らなければならないのです。

 

この話を聞いて、ものすごく命の尊さを感じました。

 

水谷修先生は、実は大きな病気を抱えていて、余命わずからしいのです。

ぜひ、たくさんの人に先生の生の話を聴いてもらいたいです。
必ず心の中の何かが変わると思います。

本も何冊も出しておられます。
私も1冊買って、先生にサインしていただきました。
『あおぞらの星 夜回り先生と考える』という本です。
今日それを一気に読みました。
これは、今苦しんでいる子供たちへメッセージ的な内容でした。

正直に言ってしまえば、やはり先生から直接聞いた方が、ずっとインパクトがあるなと感じました。
だからやっぱり、ぜひ多くの人に機会があったら先生の講演を聴いてもらいたいな、と思います。

 

私は実際とても幸せなことに、今までにいじめにあったことも引きこもりになったこともリストカットに悩んだこともありません。
もちろんいろんな悩みを抱えたことはたくさんあるけれど、先生の話に出てくるような子供たちほどの悲惨な悩みを抱えたことはありません。
それは、本当に親や周りの人々に感謝しています。
というか、そういう悲惨な人生を送っている人が実際に世の中にたくさんいるという事実を知り、私の周りの人たちに改めて深い感謝の念を感じました。

このようなことに気づけたのも、私にこの講演のことを教えて下さったI井課長さまのおかげですね。
そして、JCの皆様のおかげです。
ありがとうございました。

ゆだ選手

| コメント(0)

今日のメニュー
朝:みんなでランニング大量

 

今日でやっと公認コーチ養成講習会が終了しました。

今回は専門科目なので、ボートに関することばかりだし、講師も知っている人たちばかりだったので気楽に考えていました。。。

が、終わってみて、どっと疲れが出ました。

5日間連続で一日中勉強しているというのは、気づかぬうちにどんどんと疲れが溜まっているものなのですね。
まぁ、今日に限っては、授業後にテストがあったのもあるし、朝の練習が中~高強度のランニングばっかりで、脚に相当きていたというのもありますが。。。

兎に角、こんなに集中してたくさん勉強したのは大学時代ぶりでした。

もともと勉強は好きなタチなので、疲れたけれど、とてもよい5日間でした。

指導者の人たちは、こんなにもたくさんの分野を勉強して、こんなにもたくさんのいろいろなことに気を配って、こんなにもたくさんのいろいろなことを考えながら指導しているんだ、と、改めて思いました。

こんな指導者に教えてもらえる選手は幸せ者だなぁ、と思いましたね。

選手としての今の自分がいるのは、今まで出会ったたくさんの指導者の方々のおかげなんだ、と改めて感謝の念を抱きました。

また、今回の講習会は、大学生も多かったですが、実際に高校や中学で指導していらっしゃる先生方も多く、そのような先生方の実際の現場でのお話を聴けたのは大変興味深く、有意義な体験でした。

職場の皆様にはお休みをいただいてしまいご迷惑をおかけしましたが・・・。
ありがとうございました。

ま、将来のこと、いろいろ考えていきたいと思います。

 

さてさて、タイトルのゆだ選手。

うちのチームの選手ですが、今月の戸田市広報の「とだらいふ」というページに特集されました。

彼は南稜高校出身で、今でも現役でボート選手続けている唯一の埼玉県出身の私の同期です。

そう考えると、実は彼とももう10年以上の付き合いなんですね。
途中数年間いなかったけど。。。

彼は先日の全日本選手権で見事優勝した舵手なしフォアのバウに乗っていた男です。

高校の頃も舵手つきフォアのバウ。大学時代もエイトのバウ。バウマスターですね。

当時を思い出すと懐かしいです。

そんなわけで、戸田市在住の方、ぜひご覧くださいませ。

 

今日の韓国語

고기 누가 먹어요?   コギ ヌガ モゴヨ? お肉、誰が食べるんですか?

Profile

熊倉美咲
熊倉 美咲 (くまくら みさき)
所属:
一般社団法人TMG本部
生年月日:1983年3月29日
血液型:A型
出身地:埼玉県桶川市
出身校:早稲田大学卒
信念:
諦めたらそこで終わり。
今、その時の自分の最大限の力で頑張り続ければ、きっといつか必ずうまく行く時が来る。