国体その⑥

| コメント(2)

今日のメニュー
昼:レース

 

私の今シーズンは、今日で終わりました。

今日のレースに関しては、言いたいことはたくさんあるけれど、悔しいので言い訳はしません。

 

最初から最後まで、良いことが全然ない国体だったけど、このクルーを組めたことは幸せでした。

全然違う環境でやってきた5人が一から監督含めてみんなで作り上げてきたクルー。
みんなで考え、みんなで教え合い、本当に楽しい思いをさせてもらいました。

 

本当に自信のあるクルーでした。

 

だからこそ、こんなレースで終わってしまったことが本当に悔しい。

 

真横からの強風。これはどう漕いだらいいの?
対処の仕方がわかりませんでした。

スターターは焦りすぎてとんでもないコールかけるし。

・・・はっ!文句言っちゃった!いかんいかん

 

 

ただ、まともな土俵で勝負がしたかった。

だけど、終わってしまった。これが現実。

言いようのない悔しさ、ぶつけようのない悔しさがもやもやもやもやもやもやもやもや・・・

まだ気持ちの整理がうまくつきません。

 

でも、埼玉県はまだいくつも明日レースがあるクルーが残っています。
成年女子シングル=決勝、成年男子ダブル=順位決定、少年女子クォド、少年男子シングル、少年男子クォド=順位決定。

明日までには気持ち切り替えて、総合力で彼らが少しでも良い結果を出せるように応援&サポートを頑張りたいと思います。

 

今回サポートして下さった皆様には本当に感謝しています。
大雨強風で寒い中、どろどろぐちゃぐちゃの土の中を走り回って、私たちが不自由なくレースに臨めるように頑張って下さいました。
本当にありがとうございました。

そしてクルーのみんな、本当にありがとう。
みんなとっても一生懸命で、素晴らしいクルーでした。
みんなと漕げて、本当によかったです。

 

そして、総括になってしまいますが、この一年間、ここまで応援し、支えて下さった多くの皆様、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
特に職場の皆様には、本当にたくさんの方々に激励のお言葉をいただきましたし、戸田のコースにもたくさんの方々に見に来ていただきましたし、本当にたくさんの元気をいただきました。
今回も学会等々など大きな仕事に参加できず、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいですが、皆様が快く私たちを送り出して下さったことに、本当に感謝しています。

これにて私の今シーズンは終了です。
これからの1か月間、自分自身と向き合って、これからの目標をじっくり考えたいと思います。

本当にありがとうございました。

コメント(2)

1年間お疲れ様でした。
ボートは詳しくありませんし、あなたの競技歴も追いかけておりませんでしたが、ひたむきなあなたに一言。

■誰に言われずとも向かっていた、トレーニングがいつしか「義務」となり「いつか勝ちたい」から「勝たなきゃいけない」・・・。苦悩は続きいつしか自分は何をしたいのかわからなくなってしまう。こうした想いは一定の目標を成し遂げた人たちだけが、迎える葛藤だと思います。(どんなレベルのスポーツ選手でも)
あなたが戦っていた相手は何でしょう。「記録?」「年齢?」「社会的(組織)責任?」それとも「期待?」・・。自己存在の意味は今考えなくとも良いですよ。もう既に、あなた達の一途な姿に「自己反省」し声援を送ることで癒されている多くの同志がいる事を心に留めて下さい。
「かくもスポーツは楽しい」という原点から全ては始まったはず。
あなたのその悔しさも又、個性となり、生きる力となっているはずです。

充分クールダウンした後、自然と向かう道に逆らわず行きましょう。

フジキセキさま
本当にありがとうございます。
今年の2月か3月頃、誰にも言えずに抱え込んでいた気持ち。
『トレーニングがいつしか「義務」となり「いつか勝ちたい」から「勝たなきゃいけない」・・・。苦悩は続きいつしか自分は何をしたいのかわからなくなってしまう。』
これそのものでした。
誰にも言えなかったのに、電話で突然事務長が私の気持ちを言い当てて下さり、仕事中にもかかわらず涙が出そうになり、そしてとっても救われたのを思い出します。
事務長の言葉にはすごく力と優しさがあり、その後も何度も支えていただきました。
本当にありがとうございました。
じっくりと自分の気持ちと向き合ってみようと思います。

コメントする

Profile

熊倉美咲
熊倉 美咲 (くまくら みさき)
所属:
一般社団法人TMG本部
生年月日:1983年3月29日
血液型:A型
出身地:埼玉県桶川市
出身校:早稲田大学卒
信念:
諦めたらそこで終わり。
今、その時の自分の最大限の力で頑張り続ければ、きっといつか必ずうまく行く時が来る。