現実

| コメント(0)

今日のメニュー

朝:UT12km

 

今朝はミキティーが早朝勤務のため、久しぶりにシングルで練習した。

が、やはりダメだ。一人だとへこたれてしまう。
気持ちが入らない。だから余計体もきつい。
汗はいつものように滝のように流れ、練習後も体がだるい。重い。しんどい。
その体のきつさは今日は一日続いた。
仕事へ行っても積極的に頭が働かない。
いつもなら何か自分にできることを探して積極的にやっているはずなのに、積極性が出ない。
ダメですねーこんなんじゃ。

普段ダブルなら気持ちでその暑さの中での練習の辛さもカバーできていたが、今日一人だとただただ辛かった。
改めて、パートナーに支えてもらっているからこそ、この暑さの中早朝からハードメニューに耐えられていたことに気づかされる。
改めて感謝です。

 

さてさて、今日から戸田ボートコースはインカレです。

今年は4日間とも第1レースが7時半スタートという異例の早さ。
そのため、我々が練習を終えて帰る頃にはもうすっかりボートコースの大学生たちはインカレモード。

そんな中をそそくさと帰って仕事に行く私たち。
これが社会人の現実。

思えば最後にインカレに出てからもう5回目のインカレを迎えてしまった。

最後のインカレははっきりいって良い思い出がない。
オーバートレーニングによってぼろぼろになってそれまで3年間積み上げてきたインカレ4連覇の夢はあっさりと消えてしまったし、その私のせいで早稲田女子は女子総合優勝を逃したし、インカレの2日後から教育実習でインカレナイトも心からはじけることはできなかったし。

だけど、大学生にとってはやっぱりインカレは最大のお祭り。
インカレ、楽しかったなぁ。。。
これは自慢になってしまうけど、当時の早稲女は本当に強かった。
勝って当たり前の風潮だった。
だけど、何があるか分からないのが勝負の世界。
そんな中、一つ一つ種目を終えるごとに早稲田が優勝していき、もう聞き飽きたよっていうくらいウイニングローでは都の西北が流れ、全種目早稲女優勝。
たとえどんなにしんどいレースになっても、「全種目優勝」という目標を自分がダメにするわけにいかない。
早稲田女子全員が一つになった4日間でした。

大学生にとって、人生においてかけがえのない瞬間。
おもいっきり楽しんでください。

そして、そのインカレと同時に行われるのが、男子エイトのみのオックスフォード盾レガッタ。
我が戸田中央総合病院RCも出場します。
私は楽しい気楽な観戦のみ。
みんながんばれ~

 

そうそう、現在遠い網走にて合宿中の田立選手から一通の画像付きメールが。

「熊さんの祖先と思われるモノを発見しました。」

こんな報告メールを送ってこれるほど心に余裕ができてきたなんて、おねーさんは嬉しいですょ。ふん。

今はTヨタ紡織の2つ下の子と一緒にダブルに乗って、楽しくやっているようです。
ちゃんとうちのチームのみんなに還元するんだぞー

 

今日の韓国語

그럼, 다 주세요! クロム、タ チュセヨ! じゃあ、全部ください!

コメントする

Profile

熊倉美咲
熊倉 美咲 (くまくら みさき)
所属:
一般社団法人TMG本部
生年月日:1983年3月29日
血液型:A型
出身地:埼玉県桶川市
出身校:早稲田大学卒
信念:
諦めたらそこで終わり。
今、その時の自分の最大限の力で頑張り続ければ、きっといつか必ずうまく行く時が来る。