クッキーの正体は・・・

| コメント(0)

今日のメニュー
朝:UT15km
夜:ランニング12km

 

日曜日に作ったクッキーの正体は、これでした。

おとといは我らが副局長の還暦のお誕生日だったので、プレゼントしました。
右に置いてあるスプーンはティースプーンじゃないですよ。普通のカレーとか食べるスプーンですよ。
とにかく大きいクッキーを作りたかったのです。
でも、そのせいで持って行く間に真っ二つに割れてしまいました。
が、とっても喜んで下さったので、よかったです。
もう一回同じもの作って、自分でも食べたいです。

それから、これ。

ボート部からのプレゼント。
実際のオールのブレードの部分です。
この字は私が書いたんですよ。
一人で更衣室でこそこそ練習して筆ペンで書きました。
お習字やったのなんて、中3の冬休みに書き初めをこれでもかというくらい書きまくった以来です。
でも私、書道好きなので、またちゃんと筆と墨で書き初め書きたくなりました。

この白地に赤十字が戸田中央総合病院RCのオールのブレードカラーです。
応援に来てくださったら、このデザインを目印に、応援よろしくお願いいたします。

 

この一週間、緩急波のある微妙な体調不良が続いております。
練習中の体から出る水分量が半端ないんです。
全身ナイアガラのようです。
水もたくさん飲んでいるのだけど、水で胃が膨れて、体に水分が吸収されるのが、体の外に出て行くのに追いついていない感じがします。
もしかしたらこれが原因かもしれないと思い、スポーツドリンクを混ぜてみることにしました。
快然を願います。

先週から唯二人の女子部員のミキティーとダブルスカルに乗って練習しておりまして、おとといの練習後、伴チャリしてくれたS本くんから「ダブルの動きになってきた」と言ってもらえました。
こんな嬉しいことはないです。

それまでシングルでそれぞれ練習していた二人が一緒に乗って、そう簡単に合うものではありません、ダブルスカル。
やはり最初はお互いが自分の感覚でそれぞれ一生懸命漕いでしまい、頑張って力を出している割には水中は重く、その割にはスピードが出ず、苦しいものです。
せっかく頑張って出してる力が分散されてしまって、お互い殺し合ってしまって、推進力になっていないのです。

クルーボートで大事なのは『一体感』です。
自分とパートナーと艇と、三位一体になる。
感覚を研ぎ澄まし、艇がどう動いているか、相手がどう動いているかを感じ取る。
自分はそれを邪魔しないように動く。
中心は自分がどう動くかじゃない。
艇を進ませるにはどう動いたらいいかということ。
三位一体になれた時、艇は楽に速く気持ちよく進んでくれる。

私はずっとダブルのバウ(二人いるうちの後ろです)に乗っていたので、パートナーの背中を見ながら艇の動きを邪魔しないように、パートナーの動きを邪魔しないように、そのことに注力して漕いでいた。
それを感じ取れるようになるまではずいぶん苦しんだけど、ある時ふっと感じ取れるようになってからは、艇はずいぶん楽にすーっと進んでくれるようになった。

私は今、整調(二人いるうちの前)に乗っている。
以前の自分だったら、後ろの人がどう動いているのかはあまり感じ取れなかったと思う。
基本的には、クルーボートはやっぱり後ろの人が前の人に合わせるべきものだと思う。
だけど、だからといって前の整調が好き勝手漕いでいたら、いつまでたっても一体感など生まれない。

私はそのおととい、後ろにいるミキティーの動きを感じ取ることに注力した。
そして、その動きを殺さないように、その動きと一体となって動くことに注力した。
そんな日の「ダブルスカルの動きになってきた」というお言葉だったので、とっても嬉しかったのです。
よく我がチームのベテランエースN村さんが、オリンピック選手時代の彼のパートナー(舵手なしペアの整調)のことを、『あの人は頭の後ろに目が付いてるんだ』と言っています。
それはどういうことかと言うと、前を向いているので後ろにいるN村さんがどう動いているのかという細かい部分は分からないはずなのに、前を向いたまま的確にN村さんの動きを言い当てるそうです。
主に注意点を。

今、私も頭の後ろに開眼しつつあるのではないでしょうか。
修行の賜物です。
二人でもっと修行積んで、三位一体目指して頑張っていこうと思います。

 

今日の韓国語

이쪽으로 앉으세요. イッチョグロ アンジュセヨ。 こちらにお座り下さい。

コメントする

Profile

熊倉美咲
熊倉 美咲 (くまくら みさき)
所属:
一般社団法人TMG本部
生年月日:1983年3月29日
血液型:A型
出身地:埼玉県桶川市
出身校:早稲田大学卒
信念:
諦めたらそこで終わり。
今、その時の自分の最大限の力で頑張り続ければ、きっといつか必ずうまく行く時が来る。