父の日

| コメント(0)

今日のメニュー
朝:W-up4km(スタ練25本×5含む) 3km×2 (SR26)
夜:ランニング予定

 

今朝、職場の朝礼でスピーチの担当だったので、父の日について話しました。

今月のテーマは「旬な話」ということで、今世間で「旬」と言えば、まず間違いなくサッカーのワールドカップだろうと思いますが、私は今回1試合も見ていないので、何も語れません。

ということで、微妙に旬を過ぎた父の日について話しました。

父の日について特にここに載せるつもりはなかったのだけど、話しているうちに、やっぱりこういう気持ちは面と向かって直接言えるもんじゃないのでここを利用して伝えよう、と気持ちが変わり、今書いてます。

 

私は父の日は毎年何かしらのプレゼントをしていますが、今年は、焼酎のラベルに名前と簡単な言葉やメッセージを入れられるというものを発見したので、それをプレゼントしました。

なんていう言葉を入れようかな、と思った時に、まず思い浮かんだのが、
①ガッツ石松 ・・・現在父がアドレスに使用
②KING ・・・過去に父がアドレスに使用
だったのだけど、さすがにそれは恥ずかしいので、似たような感じで「日本一」として、で父の名前と「いつもありがとう」というメッセージにしました。

父は大変喜んでくれて、「もったいないから少し飾ってから大事に飲むよ」と言ってくれました。

 

そして夜、両親と私で赤坂にある有名な韓国料理屋さんの「兄夫(ヒョンブ)食堂」に食事に行きました。
前にちょっと紹介したことあったかな。
日本からも韓国からもめっちゃたくさんの有名人が来ていて、壁一面サイン色紙だらけです。

そこへ行くのは私はもう3回目になるのですが、3回とも食べているものが2つ。
サムゲタン(鳥丸ごと入ってるスープ)とサムギョプサル(豚バラやキムチ等をサンチュに巻いて特製のお味噌をつけて食べる)です。
最高においしいですよ。

私たち親子は、とにかく料理にがっついていました。
頼んだ料理が一気に全部来てしまったというのもあるけれど、会話を楽しむことよりもとにかくがっついていました。
似たもの親子です。

 

ということであっという間に満腹になり、まだ時間もだいぶ早かったので、赤坂の街をぶらぶら散歩して駅に向かうことにしました。

最初にTBSに行って、お土産売り場みたいなところで韓流大好き母を筆頭に、今日本でやってる韓国ドラマIRIS(アイリス)に出演しているイ・ビョンホンさんたちのステッカーのガシャポンみたいなのを3人でやって大騒ぎをして、TBSの建物の中に入ってイ・ビョンホンさんの等身大パネルと並んで母が写真を撮って、そのまま裏の方へ行って散歩しながら赤坂見附駅へ向かいました。

途中、とっても閑静な住宅街で、自然も多く、近衛歩兵の記念碑なども見つけ、初めて赤坂という街を散歩しましたが、とても落ち着けるところで、散歩するには非常に良いところでした。

父も「こんなところに住みたい」と連発していました。

 

ま、そんな父の言動や感性を見ていてまた、自分の性格は本当に父親譲りだなぁと思いました。

こんな風に自分を客観視して思えるようになったのは社会人になってからですが、ここ数年、よく自分の中身は父に似ていると思うことがあります。

もちろん、ミーハーな部分は母譲りであることは明瞭だし、顔も良くお母さん似だねと言われます。

こんな風に家族の絆を感じれることは、とても嬉しいです。
とても幸せなことだと思います。

 

年に一度しかない父の日。
ただの販売戦略に乗せられる日で終わるのではなく、こんな風に家族の絆を感じられるきっかけになれば、とても良い記念日なんじゃないかと思いました。

コメントする

Profile

熊倉美咲
熊倉 美咲 (くまくら みさき)
所属:
一般社団法人TMG本部
生年月日:1983年3月29日
血液型:A型
出身地:埼玉県桶川市
出身校:早稲田大学卒
信念:
諦めたらそこで終わり。
今、その時の自分の最大限の力で頑張り続ければ、きっといつか必ずうまく行く時が来る。