田園調布中央病院

| コメント(2)

今日のメニュー
朝:Total 14km スタート練習、UT(SR22~26)
夜:ランニング12km

 

今日、朝からTMGの病院の一つである田園調布中央病院に視察に行ってきました。

私は今までTMGの戸田地区の病院や施設しか行ったことがなく、他の病院にも行ってみたいという話を総局長にしたところ、急遽、今日、総局長の用事に同行させていただくことになりました。

私は現場は戸田中央総合病院しか経験したことがなく、446床という大規模総合病院が私の中での病院のイメージだったので、その5分の1ほどの病床数の田園調布中央病院は、軽くカルチャーショックの連続でした。

総務課のNさんが、お忙しい中病院中をとってもご丁寧に案内して下さいました。ありがとうございました。

それで、案内していただいてまず感じたことは、あぁ、そういえば、小さい頃かかってたちょっとした病院てこんな感じだったなぁ、という率直に懐かしい感じを受けました。そして、戸田中央総合病院がいかにでかいかということがわかりました。最初から戸田に就職してたから、病院とはそんなもんだと思っていたけれど。

それから、案内して下さったNさんが、まぁ性格的な部分もあるのかもしれませんが、行く部署行く部署、他職種の方々とみんな顔見知り、という感じで仲が良さそうで、堂々と私たちを案内してくれるのです。手術室とかも全く物怖じせず案内してくれました。
戸田ではなかなかそれは難しいです。やっぱり職員は多すぎるからみんな顔見知り、というわけにはいかないし、部署もたくさんあるので、普段全く関わり合いのない人たちがいろいろな部署にたくさんいます。そんな部署には、見学とはいえなかなか入りづらいものです。
そんなアットホームな雰囲気が、こじんまりとした病院ならではで、いいなぁと思いました。

その他にもたくさん学んだことはあるのですが、それは経営的な部分になってくるのでここでは公表しません。

が、私はまだまだ医事に携わる者としての「見る視点」が養われておらず、一緒に行った主任さまが突っ込んだ視点で観察しているのを見て、私ももっともっとグループ病院それぞれについて勉強しなければいけないなぁと痛感しました。

 

それにしても、田園調布という街はすんごい街ですね。

車はあらゆる外車ばかりだし、家は高い石塀に囲まれた日本風お屋敷から、お城のような洋風お屋敷まででかい家々が並び、駅はだいぶメルヘンチックな外観で。。。。

そのメルヘン駅の目の前にあるのが田園調布中央病院。

んで、そのほんとすぐ隣にあるのが「ギャラリーたち花」。会長の奥様のお店です。

落ち着く音楽も流れていて、なかなか癒しの空間でした。

 

そして完全に余談ですが、本日最も心に残った言葉『泣いて馬謖(ばしょく)を切る』。

行きの車の中で総局長が三国志の話をトクトクとして下さり、その中の故事話の一つでした。

意味はご自分でお調べになってください。眠すぎてもうギブアップ。

コメント(2)

ご無沙汰してます。相変わらず忙しい毎日ですね。先日の大会は、2位入賞おめでとう御座います。毎日の努力の成果ですね。私もコース横をランニングしてるんですよ。たまにだけど。朝だったり夜だったりするけど。まぁ 前から約束してましたが、時間があったら食事でも行きましょう!

junさま
お久しぶりです!お元気でしたか??
ありがとうございます!
去年はいろいろとありましたが、やっとここまで戻ってくることができました。
お食事、ぜひ行きましょう!!
私よりjunさんの方が全然お忙しいと思いますので、いつでもご連絡ください♪

コメントする

Profile

熊倉美咲
熊倉 美咲 (くまくら みさき)
所属:
一般社団法人TMG本部
生年月日:1983年3月29日
血液型:A型
出身地:埼玉県桶川市
出身校:早稲田大学卒
信念:
諦めたらそこで終わり。
今、その時の自分の最大限の力で頑張り続ければ、きっといつか必ずうまく行く時が来る。