ゴルゴの神業を実現させた男

| コメント(0)

今日のメニュー
夜:エルゴ60分(レート20±) 14,672m   2:02.6/500m  (SR21)

 

さっき約20分ほど前に練習場所からチャりんこ漕いで帰ってきましたが。雪、ものすごい降ってますね~
大粒のがばっさばさ。こりゃ確実に明朝は一面銀世界ですね。
一度段差を乗り越えようとしたらタイヤ滑って思わず「うぉっ」と言ってしまった。
明日はウォーキング出勤かなぁ。。。

 

さて、エルゴは今日もまた大幅にベストを更新しました!
いつもはめったに褒めない監督さんが、「これはすごいな」と褒めてくれました。
レートが20~22のUTメニューでは、だいぶ1本1本で力の入れ方が固まりつつあり、非常に良い感じです。
500mラップ2分2秒台は、今まで調子良かった昔も含めて、レート20~22のペースではなかなか出せるものではなかった。それを60分持続できるようになった。しかも、脚や腕の筋肉がパンパンになるということもなく、体全体の連動を使って効率良く強い力を出し続けることができた。
次のステップは、この良い感触を高レートでも出せるようになること。頑張りたい。

 

さてさて、ここからは北海道にお住まいのデューク東郷さん用のネタです。笑

私はオリンピックの年の合宿中にゴルゴに初めて出会い、それから大好きになって、知人に1巻から借りてちょくちょく読んでいます。

中でも私が最も好きなシーン。
何巻のなんていう題名のどんな話だったかはもう忘れてしまったのですが、何しろ最後のゴルゴの任務遂行シーンがとにかく神業で、あまりにもすご過ぎて、当時ギリシャで合宿していた日本代表メンバー5人で相当盛り上がってたシーン。

ゴルゴがビルの屋上から飛び降りて、その落ちてる途中でその階の部屋の中にいる標的の頭を銃で打ち抜き、そしてそのまま真下の水深1mの非常に小さなプールに飛び込む。
とりあえずまず第一に、落下中にガラス窓の外から中にいる人の頭を正確に打ち抜くことが神業。
そしてさらにもっとすごいことが、ビルの屋上から飛び降りて、しかも真っ暗な夜、たった水深1mのプールの中に落ちるということ。
普通水深1mじゃ底に激突して死にます。
そこでゴルゴはどうしたか。
立位体前屈のような格好で落下して、プールの水面に手の先と足の先がついた瞬間、体をばっと開いて全身で水の抵抗を受けるようにして、下に勢い良く潜ってしまわないようにしたわけです。
ね。神業でしょ。
なかなか文字じゃ伝わりにくいかもしれないのが残念。ぜひ漫画でこのシーンを読んでいただきたい。

 

そしてそして、昨日テレビを何気なく見ていたら、島田紳助さんの行列のできるなんちゃらという番組で、なんとその神業を実現しているバカな男がいるというのです。
私、思わずテレビにかぶりついちゃいましたよ。
えっっ!!ゴルゴじゃん!!!て叫んで。

あ、射殺はしないですよ。ゴルゴの神業を再現ていっても。

その西洋人。10m83cmの高さから、水深20cmくらいの子供用ビニールプールに飛び込むというんですよ。

飛び込む高さはゴルゴさんの方が相当高いかもしれないけど、プールの水深はゴルゴさんよりはるかに浅いですよ。
しかも彼はゴルゴさんとは違って生身の人間。
どうやら彼は、ゴルゴさんのように体を折り曲げて飛び降りるのではなく、体全面を最初から水面に打ち付けるように飛ぶというんです。

私もスタジオの皆さんも、息を呑んで彼を見守りました。

彼は生きていました。大成功。
でも、両膝に酷い青あざができてました。
それがこのチャレンジの過酷さを物語っている。とテレビでは言っていました。
この青あざは、水面に打ち付けた時にできたものなのか、膝だけプールの底についてしまって出来たあざなのか、気になるところです。
でも、もしもプールの底にぶつけたのなら、きっと膝のお皿は砕けてしまってるかな。。。

 

今日はゴルゴを読んだことのない人にはさっぱりのお話でしたね。すみません。
でもゴルゴ好きにはかなり興奮する類のネタなのです。

 

今日の韓国語

저는 신 입니다. チョヌン シン イムニダ。 私は神です。

コメントする

Profile

熊倉美咲
熊倉 美咲 (くまくら みさき)
所属:
一般社団法人TMG本部
生年月日:1983年3月29日
血液型:A型
出身地:埼玉県桶川市
出身校:早稲田大学卒
信念:
諦めたらそこで終わり。
今、その時の自分の最大限の力で頑張り続ければ、きっといつか必ずうまく行く時が来る。