たぶんベスト

| コメント(7)

今日のメニュー
夜:エルゴ75分(SR22)

 

今日は、かなりボートの専門的な話になってしまいます。ボート関係者及び自己満足の話です。すみません。

 

今日は久しぶりにエルゴでUTのメニュー。75分。レート22まで。

かなりすごい記録が出た。

18,282m。 2:03.0/500m。 188w。 カロリーは確か1,123calくらいだったかな?

いつだったか前に60分やって、14,500mを超えたって、確か嬉しそうにブログに書いた気がするんです。見つからなかったけど。

大学時代の自分が60分をどれくらいで漕いでいたのかちょっと記憶がないので分からないけど、たぶん14,500m超えはすごい記録だと思う。

でも、今日はそれを超えた。しかも75分で。60分の時点での記録は14,612mだった。たぶんこれもベスト。

そして、そこから残り15分、さらに出力が上がった。

証拠のエルゴのモニターを撮影してきたので見てください。

ergo3.jpg

ergo2.jpg

ergo1.jpgのサムネール画像

でも、何がすごいって、15分毎のラップが5回ともほとんど変わらないっていうのがすんごくないですか?

距離 15分:3653m  30分:3656m  45分:3653m  60分:3651m  75分:3670m
500mラップ 15分:2:03.1  30分:2:03.0  45分:2:03.1  60分:2:03.2  75分:2:02.6
ワット 15分:187w  30分:188w  45分:187w  60分:187w  75分:190w
1時間換算の消費カロリーまで15分毎でほぼ一緒。

この長い距離を漕いで行く上で、ここまで15分毎にほぼ同じラップを出すのは、狙ってもなかなか出せるもんじゃない。

むしろ狙わずに、ただフォームを安定させて一定のリズムで出力落とさないように、と意識し続けて漕いだ結果がこれだった。淡々と同じリズムで同じ出力で漕ぎ続けることができるのは、ボートにとっては強みだと思う。

最近、6kmとか3kmとか、かなり高いATレベルのレート28~30くらいでエルゴで速く強く漕ぐのが続いていたせいか、今日のUTレベルでレート22で漕ぐのはすごくゆっくりに感じ、1本1本をかなりじっくりと踏み込んで力を集約することができたし、1本1本いいフォームをしっかり確認しながら漕ぐことができた。今日の練習は、最近迷い始めていた私にとっては非常に良い機会だった。

 

終わってから監督に、「だんだんいいのが出るようになって調子よくなってきたな」と言われた。

私は今週月曜日にエルゴ6kmでボロボロになったのが頭にあったので、「今日はよかったです」と答えました。

そしたら監督が、「それでもいいのが出るってことは、それだけ漕げるようになってるってことだからな」と言ってくれた。

そうだ。たとえまた感覚がおかしくなって、次にやった時に今日のようないい記録が出なかったとしても、今日これだけの記録を残せたことは事実。これだけの記録を残せる力が自分にあるのも事実。

そこは自信を持って、これからも頑張り続けていこうと思いました。

 

今日の韓国語

잘 자 チャル チャ おやすみ!

コメント(7)

「同期のH」じゃねーよ、Fだよ。どあほう。

俺は根暗でもなく、チャラおでもないぞ。っていうか、根暗なチャラおってどんなんやねん。

まあ、お前のこと好きだから、一緒に飲みにいってくださいよ。エルゴの話を肴にして飲みましょうよ、先輩。

記録すごすぎですよ。きもいくらいすごいよ。

自己ベストおめでとう!! 前にブログに書いているのは、11/17『生と死』の冒頭で、 エルゴ60分(SR22)14,528m となっています!

同期のFさま
そうだね。Fだね。間違えちゃったよ。はははー。
飲み行こーねー

横浜のSさま
ありがとうございます。
よくわかりましたね~
遡って探して下さったんですか?それともまさか頭に入ってたとか(笑)
私もいくつか遡って探したんですけど見つからず断念しました。

記憶の片隅に、確かブログを始めてすぐだったようなイメージがあり、
11/15から確認したら3日目でヒットしました!!

大学同期のF君 ご結婚おめでとうございます!
毎年来ていた楽しい年賀状、見られないのが残念です(笑)
末永くお幸せに!!

ほんとだね~
でもきっとリクエストすればやってくれるよ!笑

コメントする

Profile

熊倉美咲
熊倉 美咲 (くまくら みさき)
所属:
一般社団法人TMG本部
生年月日:1983年3月29日
血液型:A型
出身地:埼玉県桶川市
出身校:早稲田大学卒
信念:
諦めたらそこで終わり。
今、その時の自分の最大限の力で頑張り続ければ、きっといつか必ずうまく行く時が来る。