奥が深いんですボートは

| コメント(0)

今日のメニュ
夜:乗艇UT18km

 

ただいま、インフルエンザが大流行しております。

みなさま、マスクの着用および手洗いうがいを血が出るほどしっかり行いましょう。 by ポムジュースさま

 

今日はとっても寒かったけど、手が寒さでかじかむほどではなかったので、いつもより一枚厚着して水上に出たら、全然へっちゃらだった。

むしろ、風が全くなく、他に艇もあまり出ていなかったので、水面は鏡のようにきれいで、すごく漕ぎやすかった。

こういう日は、ふと、勝負とか全く考えず、ただボートが水の上を滑っていく感覚を感じるとすごく気持ちが良くて、ああやっぱり自分はボートが好きなんだなって思う瞬間でもあります。

気持ちよかったから、課せられたメニューより3km頑張って多く漕ぎました。

 

でも、それと同時にふと思い出しました。

焼肉事務長!!

先日の焼肉の場で、「ボートは理論なんかないだろ?ただ漕いでれば強くなるんだろ?」と言ってましたが、ボートだって理論あるんですよ!!バイオメカニクスという研究分野があるんですよボートだって!

艇を水面と平行に、出来るだけ抵抗を少なく、無駄な力を外に散乱させずに艇を進めることだけに力を集約する。
キャッチでしっかり水を掴んで捉えて、ブレードを支点に艇を運ぶ。

すんません、ついムキになって専門に入りすぎました。

でもなんか今頃になって腹が立ってきたんだもん。

ボートは確かに練習すればするほど強くなるスポーツだと私も口癖のように言っているけれど、それはあくまで正確なフォームをきちんと長い距離でも高い負荷でも持続できるようにするために練習が必要だということ。

1回の練習でだいたい2000本弱は漕ぐので、2000回弱は同じ動きをする。

ということは、いいフォームでそれだけ出来ればいいフォームが定着するけど、悪いフォームでそれだけやってしまったら、悪いフォームが定着してしまう。

恐ろしいことです。

確かにフィジカルな面はただ練習を重ねることによってしか強くならないと思うけど、ボートを速く進めるためには、フィジカル+技術が必要になってくるわけです。

そうでなかったら、私はこんなに悩み苦しんでなんかいません。

それに、いいフォームを持続させるためには、同じ動きをし続けるだけの身体の強さがなければいけません。

そして、ボートはバランスがとれなければ落ちてしまうから、軸をぶらさないだけの体幹の強さが超重要です。

奥が深いんです。単純な動きに見えますが。

erugo.jpg

これ、よく話に出る「エルゴ」。

正式名称は、エルゴメーター?エルゴマシーン?正直よくわかりません。

高校の体験入部の時は、ダイエットマシーンだと調子いいこと言われてだまされました。

ダイエットマシーンという根拠は、消費カロリーの表示が出る、ただそれだけです。

これで60分やると、だいたい800~900kcalくらいは消費しますよ。すごい運動量でしょ。

で、そう、これは動きはボートと一緒だけど、バランスに関しては何も気にする必要がないのです。安定してるから。

でもボートはバランスが悪いから、バランス崩すとうまく水をつかめず強い推進力を生み出すことが出来ないわけです。

奥が深いんです。ボートは。もう一度言いますけど。

でも、今日ちょっとつかめた糸口。

それは、やっぱり漕いでるとどうしても意識が「自分がどう動いてるか」という方に行ってしまうけど、そうじゃなくて、「艇をできるだけ遠くに1本で進める」という方に意識を持っていけば、自然と体の無駄な力が抜けて、軸を捉えてボートを進めることに力を注げるようになる可能性が高い。

この9ヶ月くらいはずっと脚に力が入らないってことで悩んできたけど、とりあえず脚がどうとかじゃなくて、「艇を進める」ということに意識を注ぐよう注意してやっていこうと思いました。

ボートにもいろいろあるんですよ。事情が。

 

今日の韓国語

김지 하나 더 주세요. キムチ ハナ ト ジュセヨ。 キムチのお代わりをください。

コメントする

Profile

熊倉美咲
熊倉 美咲 (くまくら みさき)
所属:
一般社団法人TMG本部
生年月日:1983年3月29日
血液型:A型
出身地:埼玉県桶川市
出身校:早稲田大学卒
信念:
諦めたらそこで終わり。
今、その時の自分の最大限の力で頑張り続ければ、きっといつか必ずうまく行く時が来る。