今日一日の気持ちの変化

| コメント(4)

今日のメニュー
朝:エルゴ W-up15分 6km×1本 MAX
夜:ボート部総会&納会

今朝、あまりにも鮮烈な夢を見て起きた。あまりにリアルすぎて、起きた後も少しの間、現実との区別がつかなかった。

その内容。

突然、今日がオリンピックのレースの日だというところから始まる。

私は軽量級のダブルスカルでオリンピックに来ているのに、それまで全然ダブルスカルで練習してこず、それぞれシングルスカルで練習をしていて、そのために制限体重まで自分の体重を落とすことをすっかり忘れていて、もう今からレースまでに体重を落とすことは絶対に不可能で、それでもうオリンピックでレースをすることが出来ないということになって、私はめちゃめちゃ泣きじゃくりながらみんなに謝り続け、いろいろな関係者に責められながらも、減量しようとすると恐怖心が湧いてくるからもうやりたくない、普通に純粋にボートを楽しみたいんだ、と訴えていた。

その登場する関係者たちが、ほんとに去年遠征に行ったメンバーと同じで、ダブルスカルのパートナーも同じだった。

で実際に私は過酷過ぎる減量で何度も脱水症状のようになったし、日々体重の恐怖に襲われていて、今でも喉が渇くとすぐに恐怖感を感じて水をたくさん飲んでしまうし、ちょっとダイエットしようと思って軽く食事制限をはじめると、数日したらすぐ去年までのあの、日々抑制し続けて気持ちを切らさないように耐えて耐えて苦しかったことで頭がいっぱいになって、心が重く暗くなってしまって、ある意味体重に関してトラウマのようになってしまっている部分があると思う。

だから、朝起きて、やっぱりこれが自分の正直な気持ちなのかな、、、と思って暗くなってしまって、これからきついメニューをやりに練習に行くのにものすごいエネルギーを必要とした。

だけど、なんとか「やると決めたんだからやらなきゃ」と自分に言い聞かせて家を出て、今日は燃えるごみの日だったのでゴミをゴミ置き場に持っていった。

そしたら、一人のおばさんがゴミ置き場の枯葉を掃除していた。

私はお礼の意味も込めてそのおばさんに「おはようございます」と声をかけてみた。

そしたらそのおばさんは一瞬驚いた顔をして、でもすぐ嬉しそうに顔をほころばせて、「おはよう!いつも早いわね」と言った。

私は「これからボートの練習に行くんです」と言ったら、おばさんは、「そう!頑張ってね!いってらっしゃい!」と笑顔で言ってくれた。

だから私も笑顔で「はい、行ってきます!」と言って自転車を漕いだ。

昨日ヘヴンを読んで気持ちが暗くなったのに対して、このやり取りですごく人間的な温かさを感じて、とても元気をもらうことが出来た。

 

そして昼、すごくお腹が空いていたのと、いつもお昼は家に帰ってるのだけどなんとなく人と話したい気がして、職場の近くの「夢や」さんにランチを食べに行った。

私はここの常連で、ランチもたまに行くけど結構夜行って、そこの常連さんやママさんと話をしたりするのが好きなのです。

だからママさんともすごく仲良しなのです。

で、今日行ったら、初めて見る女性がママさんと一緒に働いていた。

聞いてみると、韓国から来ている方だと言う。

だから私は、つい先日韓国に旅行に行ってきたのだと言って、知ってる韓国語を言ってみたら、それまで黙々と働いていたその女性がとても笑顔になっていろいろ話しかけてきてくれた。

なかでも母の得意言葉「ファジャンシル オディエヨ?(トイレどこですか?)」を言ったら大声で笑ってくれた。

それで、また、人間ていいなって思った。

 

そして夜、文化会館でボート部の総会&納会。

いろいろな人の考えを聞いて、いろいろ話をして、私たちはほんとにたくさんの方々に支えてもらってボートができていて、そしてたくさんの人に期待してもらっていて、そしてたくさんのいい仲間に恵まれて、私は戸田中に来てよかった、今は苦しいけど諦めないで出来るところまで全力で頑張ろうと、改めて思うことが出来ました。

 

昨日のヘヴンの百瀬のように、人間を冷めた目で分析して系統づけようとすればいくらでも出来るかもしれない。

宇宙から見たら、人間なんてただの数え切れないほどある星の中のひとつの地球という星に生息する60億の人間のうちのひとりにすぎないのかもしれない。

だけど、一人ひとりは温かい心を持ち、時には暗くなったり寂しくなったりするけど、人とちょっと触れ合うだけでも心が温かくなったりして、それが人生を生きているということなんだなと思った。

「生物」として命を生きているだけでなく、心ある人として、一人ひとりがそれぞれ無数にある人生を生きているということなんだな、と思いました。

今日はいい一日でした。

 

今日の韓国語。昨日書かなかったら母から苦情が来たのでちゃんと書きます。

같이 가고싶어요. カッチ カゴシッポヨ。 一緒に行きたいです。

コメント(4)

日々の生活の中で、小さな楽しみを
見つけられることは、いいことですし、
ある意味、単調な生活を続ける力にも
なりますよね。

アリistさん
コメントありがとうございます!生活も単調ですが、ボートも日々単調の繰り返しです。その中でちょっとしたことでも楽しみがあるからこそ、ボートもここまで続けてこられているのだと思います。

人間て いいね。周りの人に感謝!だね。
チェソヌル タハジャ。 最善を尽くそう。

binkumaさん
なんか韓国語もカタカナだと覚えにくいね~
binkumaさんの正体、S藤さんにすぐバレタよー

コメントする

Profile

熊倉美咲
熊倉 美咲 (くまくら みさき)
所属:
一般社団法人TMG本部
生年月日:1983年3月29日
血液型:A型
出身地:埼玉県桶川市
出身校:早稲田大学卒
信念:
諦めたらそこで終わり。
今、その時の自分の最大限の力で頑張り続ければ、きっといつか必ずうまく行く時が来る。